満腹同棲旅行日記


旅行やお出かけのこと。
by kakaranran
★MEMO★
大好きな旅行やお出かけ。
自分がまた行くときのため、
誰かが行くときに参考にして
もらえるように、の記録です。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
鍋料理
from あったかお鍋情報
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タイ旅行記2006.07 =6日目前半・プラナンビーチ


目覚めたら、今日も晴天!!
雨季なのに・・・ボウズ君の晴れ男っぷりときたら。

さっそく今日はプラナンビーチへお出かけです。


c0079155_2036298.jpg



と、部屋を出てすぐに、珍獣発見。
トカゲ?カメレオン?てか恐竜のミニチュア?


c0079155_20431299.jpg



てくてくと坂を下りて、まずはライレイイーストビーチに
向かいます。ふりむくと、こんな坂。


c0079155_20375784.jpg



坂を1番下まで降りると、そこはライレイイースト。
この時間は満潮のもよう。


c0079155_20383499.jpg



ライレイイーストはこんな感じで海はきれいではありません。
基本的にはボート着き場。このあたりの大量なバンガローや
レストランで使う食料や水が、ボートでここに運ばれてきます。



c0079155_20393943.jpg



ライレイイーストを、崖を背にして右に歩いていきます。
満潮なので、道がほぼ水の中ですが。


そして崖の中のトンネルのような場所を10分ほど歩くと・・・


c0079155_20403783.jpg



プラナンビーチへ到着!!


さっそく砂浜にサロンをひいて、ごろーん。
読書のつもりが昼寝になってしまうのは、いつものこと。



ふと目が覚めると、

 「お腹すいたんでしょ」

・・・どうしてわかった?



c0079155_20512144.jpg



さっそく食べ物売りのおばちゃんと交渉。
注文すると、焼いてくれます。


c0079155_2051694.jpg



大好きなチキン!ガイヤーンを買ってもらいました。

屋台とはいえ、けっこうなお値段。
観光地価格か。でも、こんな陸の孤島。物売りのおばちゃんや
子供達は、朝早くにボートでここまで商売しにくるわけだから、
少々高いのはしょうがないかなー。



と、少し食べたらもっとお腹がすいてきた!
というわけで、レストランのあるライレイイーストへ戻ることに。


c0079155_2053302.jpg



ビーチ沿いにたくさんのレストランがあるというのに、やっぱり
心魅かれるお店は同じだったりして、昨夜のレストランへ。


c0079155_20542072.jpg



昨夜の写真で、真っ暗でよくわからなかったバーは、こんな感じ。


c0079155_20545226.jpg



ボウズ君はビール。あたしはスイカシェイク。
タイの田舎で氷を食べていいものなのか。
でも不思議とお腹をこわしたことはありません。


c0079155_20554058.jpg



ボウズ君は、パッタイ。


c0079155_2056349.jpg



アメリカ人は、どこに行ってもハンバーガーを食いやがる。
といつもバカにしていたのに、とってもおいしそうだったため、
つい注文してしまいました。タイ飯が続いてたので、新鮮でうまい。



c0079155_20572738.jpg



大きな木が茂っているので、木漏れ日がぽかぽかと暖かくて、
お昼寝したい気分だなーと思っていたら、猫達がとなりのイスで
くっつきあって昼寝をはじめました。仲良しさん。


さーて、あたしも部屋で昼寝でもするか。
さっきビーチで寝たばかりだけれども。

# by kakaranran | 2006-07-24 20:32 | タイ

タイ旅行記2006.07 =5目・クラビ=



プーケット最後の朝ごはん。
ラウンジかプールサイドレストランかで悩んだものの、ローカルフードが
食べたかったので、プールサイドレストランへ。


c0079155_19292084.jpg



部屋に戻ったら荷造りをして、ホテルを後にしました。
外は雨季とは思えない晴天。暑っ!ということで、
とても日向でソンテウを待ってることもできないため、
いつも晩ご飯を食べていたシーサイドのレストランで
コーラを飲みながらソンテウを待つ。
行き先は、バスターミナル。


c0079155_19333281.jpg



いろんなタイの地方行きのバスが並んでいます。
これからバンコクにいくか、どっかのビーチに行くかをずっと
悩んでいたのですが、やはり大好きなあの場所へ行くことに!


c0079155_1935212.jpg



自分の行きたい場所行きへのチケット売り場に並びます。


c0079155_19353022.jpg



お財布を持っていないあたしは、生茶を飲みながら待つ(笑)
ちなみにこの生茶、タイのあらゆるところに売ってました。
他の緑茶より高い(25バーツ=82.5円)けど、さすがにうまい。
ただ、やっぱり劇甘なんですよね・・・甘くないお茶が飲みたい。


c0079155_19365132.jpg



バスの中はこんな感じ。バンコクからのVIPバスはもっと
きれいでゴージャス、食べ物や飲み物のサービスもすごいの
ですが、今回は長距離ではなく中距離なせいか、しょぼめ。


数時間後、到着したのはクラビタウン。
寄ってくるタクシーの運転手やバスの呼び込みたちを
はらいよけ、一番安いソンテウを待つ。

5バーツほどのソンテウで、向かうはクラビのピア。
そこでまたボートやタクシーの呼び込みをはらいよけながら、
他の外人観光客と相乗りでソンテウのおじさんに金額交渉をし、
クラビのアオナンビーチへ。

さらにさらにそこからは、木でできたロングテイルボートに乗り・・・


c0079155_19474918.jpg



夢の楽園、大好きなライレイビーチへ到着!!


ここは陸の孤島。
ロッククライミングで有名な大きな崖がそそり立っているので、
ボートでなくてはいけないビーチ。さらにロングテイルボートも
沖まで上がれるわけではないので、乗り降りはズボンをめくって
ひざまで海につかりながら、ザブザブと上陸。


ライレイには、ライレイウエストというちょっと上品めな欧米客の
多いビーチと、もう少し庶民的なガヤガヤした雰囲気のライレイイースト、
おそろしく高級なホテルのあるプラナンビーチという3つのビーチが。

どれも歩いていけるのだけれど、いつも泊まるのはライレイウエスト。
いくつかあるリゾート(とはいえバンガロー・・・)を回ってみると、
満室!もしくは高い!

数年前はガラガラだったし、値段も安かったのに、どうやら
ヨーロッパでは有名になったのか、来るたびに家族連れなど
客が増え、今じゃこんな雨季でも人がいっぱい!!


荷物をガラガラと押しながら、お散歩でしか行ったことのない
ライレイイーストへ。こちらで程よいバンガローに空き部屋が!


c0079155_19561052.jpg



Diamond Cave Resortというリゾート。
ビーチからはすごい急坂を上ります。崖に建っているので。
ここはフロント棟。


c0079155_19543068.jpg



こんな感じで、ぎっしりとバンガローが並んでいます。



荷物を置いたら、もうすぐに夜。
坂を下りて、海沿いに並ぶレストランやバーへ。

と、1番近いレストラン(おそらく泊まっているリゾート系列)の
シーフードに目がくぎづけ!!


c0079155_2065316.jpg



このエビください!!
指差しで注文し、席を探して座る。


c0079155_2034716.jpg



暗くてわかりづらいけれど、ビーチの上に川床のように
作られた座席。灯りは生い茂った木につけられたイルミネーションと
テーブルの上のロウソクのみ。


c0079155_2051549.jpg



これまた真っ暗だけど、いちおうバーカウンターもありました。


c0079155_2071215.jpg



ビールを飲んでまったりしていたら、エビ到着。
大きなエビ5尾とじゃがいも、とうもろこしで500バーツ(約1650円)。
エビうまーっ!!


生ぬるい海の香りのする夜風をあびながら、飲むビール。
いろんな国の人の言葉や、たくさんの緑がさわさわと
耳をくすぐる音をたてていて。

大好きなこのビーチ、ふたりで来るのは3回目。
来るまでが乗り換え乗換えで本当に大変だけれど、
やっぱり来てよかったよね。


・・・と、ロマンチックなだけで夜は終わることはなく。



食後だというのに、いきなり屋台で足がとまる。


c0079155_20113843.jpg



揚げ物屋さんだー!
練り物好きのボウズ君が素通りできるわけもなく。

ちなみに食べたい具を選ぶと・・・


c0079155_20122415.jpg



お姉さんがこうして揚げてくれて・・・


c0079155_20125649.jpg



カットした揚げたての練り物に辛~いソースをかけて、
大きなきゅうりを添えて、できあがり。


どこに行っても、食べすぎで夜はふけていくのでした。

# by kakaranran | 2006-07-23 16:36 | タイ

タイ旅行記2006.07 =4日目後半・プーケット=


やっとこさ来たソンテウに乗ってプーケットタウンへ。
1人20バーツ(約66円)。タクシーを大きくしただけなのに、
この値段の違い!パトンからタウンまでは30分くらい。


・・・が、プーケットは車が多いので、思わず排気ガスが
ひどく。山道&排気ガスで、すっかり具合が悪く。


c0079155_16155219.jpg


プーケットタウンでおろされたはいいが、古くて
住んでる人達用の市場にしか見えない・・・。
たしかショッピングセンターやホテルがいっぱい
あるはずなんだが。どこに?


と、いつもなら歩き回るところだけど、具合が悪い。
しかもトイレに行きたい。そしてガイドブックを持っていない。

というわけで、声をかけてきたタクシーの運ちゃんと
値段交渉。ロビンソンなどのショッピングセンターが
あることはわかったけど、どれくらいの距離かわからず
交渉するにも相場がわからず。30バーツ(約99円)。


c0079155_16183176.jpg


ひとまずトイレにかけこみ、ロビンソンの最上階にある
フードコートで休憩。1番安いパイナップルジュース、
15バーツ(約49.5円)。ちっともフレッシュではなく、
ビミョウなお味だった・・・。


それからとなりのショッピングセンターなんかも
見たのだけど、まったく欲しいものがない。
日本人の旅行客も買物したり食事したりしにくる街な
はずなんだが・・・。入りたいレストランもない。
それならホテルの近くで夕食にしようか、ということで
戻ることに。


15分ほど歩くと、先程ソンテウを降りたあたり。
せっかくなので、市場の中も見てみることに。


c0079155_16213231.jpg


野菜、果物、肉、魚、卵・・・
旅行者には買えないものばかり。本当の市場でした。


c0079155_16224484.jpg


カロンビーチに戻るソンテウを待っている間に、
冷たいお茶(キリンの生茶)を買いにいったボウズ君。
タイ語を少し話したら、ほめてくれたらしい、おばちゃん。



1人25バーツ(約82.5円)のソンテウに揺られ、
カロンビーチへ。停留所などは特になく、降りたいときに
ブザーを鳴らします。タイミングが悪くてちょっと歩きました。

一旦部屋に戻ってシャワーを浴びたら、晩ご飯へ。
海側の出口を右に出て、せっかくだから他のレストランに
する?などと言いつつ、やっぱり昨日行ったお気に入りの
レストランへ。


c0079155_16355746.jpg


チキンガーリック炒め。


c0079155_16275520.jpg


シーフードと野菜の炒め。


そして昨日も食べたカオパッ。
昨日は食べ過ぎて苦しかったので、今日はここまで。


c0079155_16284619.jpg


サービスのデザート。
昨日はパイナップルとバナナだったのだけど、
今日はパイナップルとランブータンでした。


これにビール2本コーラ1本で、合計420バーツ(約1386円)。
昨日と同じように、海に沈む夕陽をながめながら、
子猫と遊びながらの、のんびりとした夕食。
お店のお兄さんもシャイながらやさしくて、大好きになった
このお店。・・・なのに、お店の名前見るの忘れました。



c0079155_16314451.jpg


部屋に戻ったら、ターンダウン後。
ベッドの上にはいつもどおり、明日の朝食メニューと花。
と。枕の上になんか小さな物が乗ってます・・・。
何?何何?


c0079155_16324958.jpg


お夜食のベルギーチョコレートでした!
うぅぅ、かわいい。こういうのって楽しいし、うれしい。


ラウンジにコーヒーを飲みに行ってネットを見たり、
部屋でチョコレートをかじりながらNHKを見たり、
今夜ものんびりと夜がふけてゆきます。

# by kakaranran | 2006-07-22 15:50 | タイ

タイ旅行記2006.07 =4日目前半・プーケット=



朝ごはんはホテルのラウンジかプールサイドレストラン。
大好きなラウンジに心ひかれたものの、たまにはレストランに
行くか、ということでプールサイドへ。

・・・あたしとしたことが、カメラ忘れた。


プールサイドレストランのほうは、一般のお客さんでごった返してて
落ち着いてご飯を食べられる雰囲気ではまったくないけれど、
やっぱり食事のメニューは豊富。ローカルフードもいっぱいあって
お腹いっぱいになるまでつめこみます。


お腹いっぱいになったら、そのままプールへ!!


c0079155_1153595.jpg


ビーチのそばのプール。
空中に浮いている男の子が見えますでしょうか?
そう、ここは飛び込み台つきのプール。
子供達が順を競って飛び込んでるので、静かではないプール。


とかいいつつ、子供達がいなくなった瞬間に、
あたし達も順番に飛び込み!!
子供達のように、空中一回転だとか後ろ飛び込みなんかは
できないけれど、ただザブーン!と飛び込むだけで楽しい!!



と童心に返ってプールで遊び、すぐに疲れて
ビーチチェアでタバコを吸いながら、読書。
大人ってすぐ疲れるのよね・・・。



それから午後は、パトンビーチへお出かけ。
プーケットの中では1番の繁華街、パトンビーチ。
車で10~15分くらい、山を越えてとなりのビーチです。


ヒルトンの海側の出口を出るとすぐにある小屋が、
タクシー乗り場。タクシーとはいっても・・・


c0079155_1533822.jpg


屋根はあるが壁はない、もちろんエアコンなし。
こんなソンテウ(乗り合いバス)のようなタクシーで、
カロンからパトンまで、200バーツ(約660円)!高っ!!

ヒルトンから昨夜のレストランの前を通ってカロンビーチの
一番栄えてる道から、山をひとつ越えたらパトンビーチ。


c0079155_15375435.jpg


レストランやお土産ものやさん、小さなホテルなどがずらり。
タクシーやレンタカー、人もぎっしり。



c0079155_15373314.jpg


ビーチもパラソル(当然有料)がぎっしり。
まったくもってロマンチックさのないビーチ。
地元のちょっとワルそうな男の子たちや、マニキュアや
三つ編みのおばちゃんたちがウロウロ。
旅行者たちも、庶民的な30代・40代の家族連れ。



が、とにかく暑い!!人や車が多く、さらに風もなく、
うるさいし暑いし。とてもずっと外は歩けません。

ということで、セブンイレブンでお水を買って一息つき、
すぐにマクドナルドへ。ビックマックのセットと
ポークバーガーの単品で160バーツ(約528円)を
半分こ。エアコンのきいてる店内はもちろん、
暑い外のテラス席も満席。マックおそるべし。


それから軽くお散歩。


c0079155_15411331.jpg


パトンビーチ沿いの道から路地がたくさん出てるの
だけど、どれも少し行くと行き止まり。
おみやげ物やテーラーなど、どこも同じような
お店ばかりで、特にほしいものもなく。


うーむ。ここはこれ以上興味がないねぇ。
欲しいものもないし。お腹もいっぱいになったし。

じゃぁソンテウ(乗り合いバスのようなもの)に乗って
プーケットタウンにでも行ってみようか!


ということで、ソンテウを待つ。
1時間に2本くらい出ているらしいので。


c0079155_15464945.jpg


ソンテウを待つ間、お腹はいっぱいだったのに、
あまりに美味しそうで、おじさんから買った
白い蒸しとうもろこし。30バーツ(約99円)。高っ!
塩をふって、バターを塗ってもらったのだけど、
ぜんぜん甘くない!でもモッチモッチしてて
楽しい食感でした。

# by kakaranran | 2006-07-22 11:50 | タイ

タイ旅行記2006.07 =3日目後半・プーケット=


お部屋に戻ってシャワーを浴びたら、もちろん行く先は!
もう、1日何回通ってるんだというくらいに、大好きなラウンジ。
しかも同じフロアなもんだから、気楽に行けてしまう。


c0079155_239139.jpg


そして相変わらずがまんできず、つまみをたくさん。
小さなラウンジなのに、ちゃんととなりにキッチンがある
だけあって、どれもおいしい!しかもちゃんと昨日とは少しずつ
違うメニュー。生春巻きも中身が違うし。


ビール1杯で何とかがまんし、ビーチ側の出口へ。

ここから車で10分くらいのところにあるパトン・ビーチというのが
プーケットの中では1番の繁華街。そこに行けばレストランや
バーがいっぱいあるらしいので、行ってみることに。

が!タクシーが200バーツ(約660円)もする!
しかもエアコン付のちゃんとしたタクシーじゃなくて、
ソンテウのような屋根だけがついた荷台みたいな車で。

タイで200バーツといえば、ここからバンコクまで長距離バスで
行けてしまうくらいのお値段。プーケットは観光地だからって、
値段高すぎ!

ボウズ君お得意のタイ語での値引き交渉をしてみるも、
まったく相手にしてもらえない。ひ、ひどい・・・。


ということで、ちょっと歩いてみることに。
昨日は出て左側にいったので、パトン・ビーチ方面の右側へ。



c0079155_23184915.jpg


歩いて5分くらいで、ミニマート・旅行会社・いくつかのレストラン・
テーラーなどがかたまった小さな通りを発見。

ミニマートでおやつのポテトチップス6バーツ(約19.8円)と、
ボウズ君が眠れないとき用にメコンウイスキーのボトル
50バーツ(約165円)を購入。

ここのレストランもなかなか小洒落ててよかったのだけど、
もう少しホテル側のビーチ沿いにあった2軒のレストランの方が
気になる!ということで、少し戻ることに。



c0079155_23214072.jpg


何もない道沿いに、ポツンと並ぶ2軒のレストラン。
ビーチから見て右側に入ってみることに。


c0079155_23224346.jpg


ビールで乾杯したら、まずは青菜炒め。
よくある青菜が切れていたらしく、「これしかないけど」と
見せてくれた野菜で作ってもらう。少しえぐみがあっておいしい。


c0079155_23234784.jpg


ボウズ君の大好きなイカと野菜の炒めもの。


c0079155_23242433.jpg


あたしの大好きなエビと野菜の炒めもの。
エビがゴロンゴロン入ってます。


c0079155_2325435.jpg


ボウズ君のカオパッ(タイ風チャーハン)。
ちなみにカオがごはん、パッは炒めもの。
シンプルでおいしい!


c0079155_2326632.jpg


あたしのエビのレッドカレー。


c0079155_23262842.jpg


ご飯ももらってかけるとこんな感じ。
辛くて甘くてうまっ!でも辛っ!


とちゅうで目の前の海に夕陽が沈み。
潮風に吹かれながら飲むビール。うまっ!!そしてロマンチック!


c0079155_23281951.jpg


思いっきり食べかけですが・・・。
食後にサービスのデザートをいただきました。
タイのパイナップルは、シロップ漬けか?と疑いたくなるほど
甘くておいしい!


c0079155_23292052.jpg


ここのお兄さんが飼っているっぽい子猫と遊ばせてもらう。
ちっちゃくて可愛かったー。元気すぎてなかなかうまく撮れず。


計5品とビールを3本で、560バーツ(約1848円)+チップ。
これだけ食べて、ホテルのレストランの半分弱。
しかもやっぱりこういうお店のほうがおいしいし、大満足。



c0079155_23314229.jpg


プラプラと3分ほど歩くと、ホテルに到着。



お部屋でNHKなどを見ながらゴロゴロする。
食べ過ぎてお腹いっぱい!などと言いながら。

なのに・・・なぜか・・・ソフトクリームが食べたくなり・・・。


c0079155_2336055.jpg


ホテル内のカフェにてソフトクリーム購入。
1つ30バーツ(約99円)。せっかくなので部屋には戻らず、
卓球場のそばにある素敵なブランコで揺られながら食べる。



オンシーズンの乾季だとこのホテルもツアー客なんかで
ゴチャゴチャsるんだろうけど、雨の心配があるとはいえ、
どこも人が少なくて、気兼ねなくのんびりできる。

明日も晴れますように!!

# by kakaranran | 2006-07-21 23:08 | タイ

タイ旅行記2006.07 =3日目前半・プーケット=


いつもは何時まででも寝てられるのですが、ここ数年は
旅行先ではやけに早く目が覚めてしまう・・・歳か?
というわけで、6時半起床。


c0079155_22474228.jpg


寝ているボウズ君を起こさないように、7時くらいに陽がのぼり
はじめたら、ベランダへ本とタバコをもって移動。
日本の田舎みたいですが、とにかく緑がいっぱいで気持ちがいい!



ボウズ君が9時頃に目が覚めたので朝食へ。
昨晩ご飯を食べたプールサイドのレストランかラウンジで。
今日はラウンジへ行ってみました。


c0079155_22563994.jpg


このラウンジのベランダには何種類かの鳥がやってきます。


c0079155_22504610.jpg


朝からさわやか!気持ちいい!
そしておいしい!!


c0079155_2252764.jpg


なんか賑やかな音がする・・・と思ってラウンジのベランダから
下を見てみたら、プールサイドでテレビ番組の撮影をしてました。
たぶんクイズ番組。



ここのラウンジはインターネットが使えるパソコンが2台
ありますが、1台は日本語が見られません。
自分のPC持って行ってみたのだけど、無線ではないのが残念。

と、交代でネットなどを見ていたら、問題勃発。
ボウズ君に仕事のメールが大量にきている!!
旅行中だって言ってあったのに!ひどいじゃないか!!


というわけで、ボウズ君は午前中いっぱいお仕事。
あたしは部屋でゴロゴロ読書をしたり、二度寝をしたり、
ラウンジでコーヒー飲みながら新聞を読んだり、
のーんびりすごしました。



お昼ごろ、ボウズ君の仕事が終わったので、ランチ。
とはいえ動いてなくてお腹もすいてないので、昨日部屋に届いた
ウェルカムフルーツをいただきます。


c0079155_2258286.jpg


赤いひげもじゃのがランブータン。黒いのは果物の女王マンゴスチン。
赤いピーマンみたいなのはローズアップル。どれもおいしい!



さっそく水着に着替えて、今日はビーチ沿いのプールへ!
と思ったら、プールの横にパターゴルフ場発見!


c0079155_22593116.jpg


ホテルのパンフレットにはパターゴルフと書いてありましたが、
ショートコースですね。しかも1コースのみなんですが、
難しいんだこれが!だってバンカー深すぎますから!

くそ暑いというのにこのショートコースかなり人気で、
常に誰かしらが遊んでいました。

思わず夢中になるふたり。
雨季とは思えない日差しの中、日焼け止めも塗らずに。



c0079155_232662.jpg


ここがビーチ沿いにあって、1番人気のプール。
ゴルフでの日焼けに深く反省し、遅ればせながら日焼け止めを塗り、
木陰で読書に徹します。ボウズ君は少し泳いで。

波の音を耳に読書・・・もちろんその後はお昼寝です。

# by kakaranran | 2006-07-21 22:46 | タイ

タイ旅行記2006.07 =2日目後半・プーケット=



お部屋でゴロゴロしたら、さっそくプールへ!!


c0079155_21544821.jpg


敷地が広ーくて、棟と棟の間を小さなバスが走ってるくらい
なので、プールもいくつもありました。ひとまず部屋のある
ロータス棟から一番近いプールへ。

ここはプール浅すぎて泳げません(笑)
周りも大人ばかりで、みんな読書タイム。
ボウズ君はがんばって少し泳いだりしてましたが、その後
読書。あたしは読書のつもりが、ずーっと眠りこけてました。


c0079155_21583176.jpg


このホテルは敷地内にクジャクが何羽かいて、
よくすれちがいます。急に道端で羽を全開にしてたりして
けっこうびっくり。プールサイドを走ってるところを激写!


一旦部屋に戻り、シャワーを浴びたら、ご近所を散歩。
ホテルの日本人スタッフに聞いたところ、ビーチ側の出口を出て
左に10分ほど歩くと、レストランやお店があるということでしたが・・・


c0079155_2204749.jpg


こ、ここ?えらくさびれた街です。
小さなミニマートがある以外は、特になく。
レストランなんて見つけられません。オフシーズンだからか?


c0079155_2215421.jpg


路地を入ると、バーが密集していました。
でもお店の名前とか雰囲気から、ゴーゴーバーほどでは
ないとはいえ、女の子目当てに飲みにくる店っぽいです。



うーん。晩ご飯どうしよう・・・
そう!下見だったのです。これじゃぁホテル内で食べるしかないかな。



帰り道、同じ道歩くのもつまんないから、ビーチを歩こっか!


c0079155_2253132.jpg


砂浜に伸びている桟橋風のところでのんびりしてるタイ人たち。
風もあるせいかそんなに暑くなく、裸足で波とたわむれながら、
砂をキュッキュッと鳴らしながら、のんびりとホテルに戻ります。



ついでだから、ホテルの敷地内も散歩してみよう!


c0079155_2273682.jpg


素敵なブランコ発見!!
奥に見える小屋はキッズルーム。左側にはスパの建物。
ブランコの手前にはスポーツジムや卓球場などがあります。

このブランコで読書ってのもいいね!などと話しつつ、
せっかくなので少し揺られてみたりして。



c0079155_229647.jpg


部屋に戻ったら、ターンダウンしてくれていて、ウェルカムフルーツも
届いてました!山盛りでうれしい!ラップとって撮影すればよかった・・。


そして、ちょっとだけキレイめな格好に着替えてラウンジへ。


c0079155_22101880.jpg


お部屋のドアを開けたところから撮影。
真ん丸の棟で、ちょうど向かいに見えるのがラウンジです。


c0079155_22105467.jpg


ラウンジのベランダから海を見る。
曇ってるけど、気持ちいいーーーー!


c0079155_22113030.jpg


食事の前にビールを1杯だけ!のつもりが。
あまりにおいしそうなおつまみがいっぱいあって、
悩んだ末に少し食べちゃいました。どれもおいしい!!



こうして夕食の前に少しおしゃれして、ラウンジでお酒を1杯。
ホテルライフの1番好きな時間かもしれません。



c0079155_22151744.jpg


今夜はホテルの中のプールサイドのレストランにしました。
まだ時間が早めなので、泳いでる人もいっぱい。
ちなみに昼間あたしたちが寝ていたプールとは別。


c0079155_22161594.jpg


揚げ春巻き。ボリュームたっぷり、数もいっぱい。
濃い目の甘い味の春雨が入っていて、おいしい。


c0079155_22165718.jpg


ベタですが、トムヤム。エビだけでなくたくさんのシーフードや
チキンなど、なんでも入り。辛くて酸っぱくてうま!


c0079155_22174158.jpg


大好きなパッタイ。が、ここはケチャップ味が濃くて・・・。
あまり好きな味ではありませんでした。あたしの好きな
パッタイは、屋台の味なもんで。


あと撮影しなかったけどカオパッ(タイ風チャーハン)。
それからビールを3本とパイナップルジュースで、
合計1400バーツ強(約4620円強)。
やっぱりホテルの中は高いです。タイ価格での話ですが。


でもスタッフの方達もみんな優しくて、つたないあたし達の
タイ語をほめてくれたり、和やかで素敵な食事でした。

ホテルのレストランって、高いばっかりで味はたいして
おいしくなかったりするもんだけど、タイにかぎっては
絶対おいしいんですよねー。さすが食いしん坊の国!!



散々昼寝していたにもかかわらず、2日連続の移動に
疲れたのか、早々と就寝タイムです。

# by kakaranran | 2006-07-20 21:53 | タイ

タイ旅行記2006.07 =2日目前半・プーケットへ=


今日はプーケットへ移動。
朝9時の飛行機に乗るため、5時半起きです。

1階のレストランか、ラウンジで朝食をとれるのですが、
時間もないしお腹も空いてないことだし、ラウンジへ。
6時オープンのラウンジへ、オープンと同時に入ります。


c0079155_20514369.jpg


このあたりは7時くらいにならないと夜が明けないため、
外は夜中のように真っ暗・・・ごはんもキレイにとれません。
ここの朝食はいろんなシリアルやドライフルーツやナッツが
混ざったヨーグルトがオススメ。もりもり食べます。


ホテルをチェックアウトをしたら、KLIAで空港へ。
その前に、KLセントラル駅では、マレーシア航空の
チェックインができます!朝からカウンターは混んでいましたが、
ビジネスクラスなので並ばずにチェックイン!



c0079155_2055067.jpg


マレーシア航空のビジネスラウンジ。
朝から混んでます!ここは何時に来ても、食べ物がいっぱい!
しっかりお腹にたまるものから、ワインのお供のチーズやハム、
ケーキなどのデザート、と盛りだくさん。
ただ、イスラムの国だからか、お酒はあまり種類がありません。

今回は朝ごはんを食べたばっかりだったので、カプチーノのみ。



c0079155_2057363.jpg


たかだか1時間半のフライトだというのに、ビジネスクラスは
機内食が。あたしは珍しくパスしたのですが、ボウズ君のを
みたら美味しそうで、結局は半分食べさせてもらう。
ホッカホカのクロワサンが、バターたっぷりでおいしい!!


c0079155_20581262.jpg


あっという間にプーケットの上空に。
タイは雨季真っ只中!どうなることやら・・・



空港を出ると、タクシーやらレンタカーやらの勧誘の人に
声をかけられますが、スルーして右手へ。一番はしっこに
メータータクシーのカウンターがあります。

空港から目指すカロンビーチまでは、車で30分くらい。
今回は約500バーツ(約1650円)でした。
曇ってはいるけど・・・という状態だったのに、もうすぐホテルと
いうときに、いきなりのスコール!は、はげしすぎる・・・。
大丈夫なのだろうか、これから。



が、無事に雨もやんで、本日から3泊予約しているホテル、
ヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパへ到着!


c0079155_218231.jpg


吹抜けの広々としたロビー。好み・・・。
チェックインしようと思ったのですがちょっと時間が早いため、
1時間待ってくれれば、最上階のお部屋にしてくれる・・・
ということだったので、もちろん待ちます!


c0079155_21101095.jpg


というわけで、お部屋ができるまでの間に、ホテルの目の前の
カロン・ビーチへ。雨季のこの時期、プーケットの西海岸は
波が高いため、遊泳禁止!波が高いー!!

砂は白くて細かくて、裸足で歩くとキュッキュッと音がする、
プーケットで唯一の『鳴き砂』のビーチ。
小さくて半透明の蟹がビーチを走りまくっていて、少し怖い。



今回は1番安いお部屋を予約していた(1泊7,000円くらい)
のですが、さすがゴールドオーナーズは強く、いくつかある棟のうち
1番グレードの高いロータス棟の最上階のお部屋にしてもらえました。
同じフロアにあるラウンジも、もちろん使えるとのこと!


c0079155_21141391.jpg


横長のお部屋。ベッドの奥にある寝椅子が昼寝に最適!


c0079155_21151260.jpg


小さなデスクではなく、大きなテーブルがあるので、
ルームサービスを頼んでもよさそう!(頼みませんでしたが)


c0079155_2116245.jpg


ベランダも広くて気持ちがいいので、読書タイムに最適!

ラウンジが海側なので、必然的に山側となってしまいましたが、
緑がいっぱいで気持ちがいい!右側の山の奥に、
写真だとわかりませんが、かすかーに海が見えます。


c0079155_21174723.jpg


撮り方がへたくそで狭く見えますが、やけに広かったバスルーム。
バスタブの奥にある木の引き戸を開けると、ベッドルームが。


c0079155_21183438.jpg


アメニティは、先月までのヒルトン・クアラルンプールと同じ。
グリーンティーの香りの石鹸は大好きなのですが、
このリンスはなぜか泡立つので苦手・・・。


c0079155_2119397.jpg


チェックインのときにいただいたバラの花束を置いてみました。
ゴールドオーナーズの連れが女性の場合、バラの花束を
いただけるそうです。うれしくて花束と一緒に写真を撮った後、
どうしたらいいのかわからずこのまま放置していたら、
ルームメイクのときに花瓶に生けてくれてました。


3泊はけっこう長いので、どんなお部屋だろう?と
思っていたのですが、大満足!ちょっとお部屋でゴロゴロ・・・。

# by kakaranran | 2006-07-20 20:49 | タイ

タイ旅行記2006.07 =1日目後半・KL=



ベッドになる広い座席のおかげで、あまり疲れることもなく
クアラルンプールへ到着。空港の地下から出ているKLIA
エクスプレスという電車にのり、KLセントラル駅へ。


KLセントラル駅からは道路を渡ってすぐにある、
大好きなホテル、ヒルトン・クアラルンプールへチェックイン。


c0079155_2344461.jpg


先月のシンガポール旅行のときにも、わざわざKLまで
泊まりにきたくらい、大好きなホテル。

今回は安いお部屋が空いておらず、デラックスルームを
予約していたので、最上階のお部屋、かつラウンジが利用できます。
といっても、ヒルトン・ゴールド・オーナーズなので、安いお部屋を
予約しても、このお部屋レベルにアップグレードしてもらえるのですが。


c0079155_23471868.jpg


今回はウェルカムフルーツだけではなく、ワインも届いていました。


c0079155_2348614.jpg


ん?シャンプーなどのアメニティがいつもと違います。
ヘチマタワシとバスソルトだけはいつもと同じ。
今月からリニューアルなのか、デラックスルーム予約仕様なのか?

シャンプーがリンスインタイプでがっくりしたものの、
すっごく使い心地がよく、髪がサラサラに。


c0079155_23501766.jpg


ベッドルームのすぐ脇にあるバスタブのふちには、
アロマオイルをキャンドルでたいてくれています。




もう20時半。でも機内食のせいか、お腹はいっぱい。
じゃぁご飯はぬきにして、ひとまずラウンジへ行きますか。

c0079155_23513530.jpg


無線LANが使用できるので、PC持参で。
ハッピーアワーは終わっていたので、あたしのビールと
ボウズ君のコーラで、31ドル。・・・高いな。
でも雰囲気も素敵だし、夜景もきれいで、大好きなラウンジです。



・・・が、一息ついたら、なんだかお腹がすいてきた・・・。


というわけで、お店も多いKLセントラル駅に戻ります。


c0079155_23553179.jpg


まるで空港のようにきれいな駅。
マレー鉄道・KLIA・LRT・KMTコミューターと、あらゆる
交通が乗り込んでる便利な駅。トラベル・インフォメーションや
お店もたくさんあって、とっても便利。

右奥の人がうじゃうじゃいるところは、シンガポール行きの
夜行列車の待合室です。


c0079155_0595691.jpg


このKLセントラル駅の2階、ちょうどヒルトンがある側に
フードコートが入っています。


c0079155_104437.jpg


ちょっと時間が遅めだったので人も少なく、お店もいくつかしか
あいていませんでした。ボケちゃってるけど、キレイなお店。


c0079155_121170.jpg


手前があたしの食べたローストチキンライス。
奥はボウズ君のバーベキューチキンライス。
ともに4.20リンギット(約126円)。


そのあと、大好きな練乳入りのコピ1.30リンギット(約39円)を
買って、喫煙席に移動して一服。



素敵なホテルに泊まっていても、安いフードコートに
来てしまう(笑)でも、どっちも楽しいのです。

この旅行も前半は豪華な旅に見えますが、とちゅうから
貧乏旅行に変身する予定。どうなることやら。

# by kakaranran | 2006-07-19 23:28 | タイ

タイ旅行記2006.07 =1日目前半・飛行機=


今年のバカンスは、あたしの貯まったマイルを使おう!
ということで、いろいろ悩んだのですが、ふたりの大好きな
タイへ行くことにしました。雨季まっただなか・・・ということで
楽しめないかもしれないけれど、逆にのんびりできて
いいかもね、ということで。

ノースウエスト航空でマイルを貯めているのですが、
マレーシア航空を使ってクアラルンプール経由で
行くことに。思ったよりもマイルがたまっていたので、
往復ビジネスクラス!!ふふふ。



出発前夜にふたりで飲みに行き、大酔っぱらい。
当日もちろん寝坊して、ふたりで酒臭い息をきらして
ダッシュで成田空港第2ターミナルへ。

各社合同のビジネスラウンジは数ヶ所あるのですが、
タバコが吸えるのは、アスカラウンジのみ。
もちろんそちらへ直行。


c0079155_21462347.jpg


ここは本当に、あらゆる国のラウンジの中で
かなりしょぼいラウンジだと思う。少なくとも、あたしの
行ったことのある数少ないラウンジの中では、最低。

着いたのはお昼すぎなのに、食べ物はクッキーと
おかきのみ。飲み物も種類が少ないし、やる気なさそう・・・。


気をとりなおして、いざ飛行機へ!


c0079155_21482339.jpg


こんな感じの席。
シートベルトをしてしまうと、前についてるポケットに手が届かない
という、なんとも贅沢な悩みが発生します。


c0079155_21492220.jpg


座席の手元にあるリモコン。
ベッドのマークを押せばベッドになるのですが、それ以外にも
こうしてシートのいろんな部分を自由自在な角度に変えられます。
しかもマッサージ機能も!


乗ったら出発前からドリンクのサービスがあり、
みんなワインやらシャンペンやら飲んでらっしゃるのですが、
ふたりそろって二日酔いの我が家。おとなしくコーラで乾杯。


c0079155_2153743.jpg


などといいつつも、思わず機内食のメニューは熟読。
ヨーロッパ系列の航空会社ほどではないけれど、
マレーシア航空のビジネス機内食は、けっこういけるのです。


c0079155_2154249.jpg


まずは、サテ! THE マレーシア料理!
チキンとビーフが選べますが、もちろん両方ください!


c0079155_2155378.jpg


みごとピンボケですが・・・洋食版の前菜。
シーフードのテリーヌや生春巻きなど。
思わずやっぱりお酒も頼んじゃいました!


c0079155_21565365.jpg


ボウズ君の和食版の前菜。
さすがボウズ君がとったので、ピントがあっている・・。


c0079155_2157319.jpg


メインや添える野菜などは、こうしてCAさんがワゴンで
ゴロゴロひいてくるので、好きなものを好きなだけ選びます。
あ、ちなみにサテもこうやってワゴンできました。


c0079155_21584117.jpg


ステーキ!やわらかくておいしい!
かなりお腹いっぱいになったので、シンプルな野菜をチョイス。


c0079155_2159237.jpg


ボウズ君ももちろんステーキ!
サイドメニューに和食ものをいくつか選んだもよう。


c0079155_23243450.jpg


こちら、デザート。
ベーグルか?という大きなサイズのシュークリーム。
ゴマクリームと生クリームがたっぷり。
さらにバニラソースに浸っています。
うまーーー!!



食後にコーヒーをいただいたら、アメニティポーチが
配られます。今回撮影はしなかったのですが、

 ・マウスウォッシュ
 ・歯ブラシセット
 ・耳栓
 ・アイマスク
 ・靴下
 ・シート型のミント
 ・ロクシタンのハンドクリーム
 ・ロクシタンのリフレッシュシート
 ・ロクシタンのリップバーム

が、マレーシア航空のポーチに入っています。
わーい、わーい!!


と、さっそく冷え対策に靴下をはいて(笑)、
おやすみなさーい。




そして、ちゃんと軽食の前には不思議と目が覚める。

c0079155_2326225.jpg


何だかよくわからないけれど・・・
ナンのピザとかいろいろ。どれも熱々でおいしい。



と、すっかり満喫の移動となりました。

# by kakaranran | 2006-07-19 21:43 | タイ