満腹同棲旅行日記


旅行やお出かけのこと。
by kakaranran
★MEMO★
大好きな旅行やお出かけ。
自分がまた行くときのため、
誰かが行くときに参考にして
もらえるように、の記録です。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
鍋料理
from あったかお鍋情報
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


小田原ヒルトン =2日目箱根へ= 2007.05


c0079155_17384676.jpg


たーっぷりと寝たおかげで、ちょっと早起き。
歳をとったものよのぉ、と思いつつも、さっそく朝食へ。
ここはちゃんと地元の相模湾でとれた魚の干物や地元のお漬物など、
朝ごはんブッフェも手を抜いていない、お気に入りなのです。

めずらしくたっぷりのサラダと干物でヘルシーに。
いつもはうっかりペストリーとかに手を出すのですが、
ぐぐっとお粥でガマン。・・・何のために?

その後ホテルの中庭を軽くお散歩したら、とっとと朝風呂へ。
ここの大浴場はガラス貼りで相模湾が一望、露天風呂にいても
潮の香りがしてきて、夜よりも朝風呂のほうがぐっといいのです。


さーて、せっかく車で来たことだし、どっか寄り道する?
ということで、情報収集のためにライブラリーカフェへ。
あたしがネットで遊んでいる間に、ボウズ君はるるぶなどで研究。

「箱根に行くぞ!」

は、はい。というわけで一路箱根の山へ!
ぐんぐんと山道を車で登り、大涌谷へ。車を降りたらズンズンと
軽く山登り。えーっと、あたし一応ホテルライフを意識したので、
今回ジーンズではなくワンピースにヒール高い靴なんですが。

ボウズ君がひたすら山を登った理由は・・・

c0079155_17445456.jpg


黒玉子!
ボウズ君は全般的に卵が苦手なのですが、なぜかコレは
全然平気、というか無心に食べてました。6個入りしか売ってない・・・
というあたしの心配をよそに、一気に3個食べ。
いや、あたしも2個食べましたがね。もともと玉子好きだし。

そして黒玉子を食べ終わるやいなや、とっとと下山。
景色なんてちらりとも見ずに、帰ろうとするボウズ君。
・・・観光地とか嫌いなんですよね、なぜか。


朝食をヘルシーにしすぎたせいか、玉子を2つも食べたのに、
なぜか急激にお腹がすいてきてしまいました。
どっかでお昼ごはん食べようよ!どっかないかなー?

「富士屋ホテルでランチでもする?」

あうっ!憧れの富士屋ホテルでランチ!いいねいいね!
ワンピース着てきたかいがあったー!やったー!


c0079155_1749394.jpg


憧れの富士屋ホテル、の屋根。
重厚でかっちょいい・・・。

と感動したのもつかの間。敷地内は観光客のおばちゃんたちで、
バーゲン会場かというくらいに激混み。おばちゃんたちみんな
わぁわぁ騒がしいし!横一列に5人とかで歩くなっつーの!

そんなおばちゃんたちで満席のレストラン。
すでに気持ちが引いてることに加え、カレーセットが4000円。
うーん、想像と違う・・・。


c0079155_1751986.jpg


ということで、有名らしいカレーパンと、明日の朝食用のブリオッシュ購入。
カレーパンは具がたくさん入っていて、美味しかったです。


けっきょく観光地って美味しいお店がないんだよねー、
なんて話をしつつ車で帰路へ。美味しいお蕎麦屋さんを探しつつ、
見つけられず横浜市内へ。あぁ・・・もうダメ・・・ファミレスでいい・・・
とまであたしが空腹を抑えきれず、この日のランチは3時すぎに、
横浜市内のファミレス『ステーキのどん』に入りましたとさ。

思いのほか美味しかった、『どん』。
お腹が空いていたからか。

by kakaranran | 2007-05-16 17:38 | 日本(東京以外)

小田原ヒルトン 2007.05 =1日目=

ゴールデンウィークもお互い仕事だったので、ちょっとのんびりしよう!
ということで、久々に大好きな小田原ヒルトンへ行ってまいりました。

東京から東海道線で行っても楽チンなのだけど、今回は車で。
「のんびりしよう!」がテーマなので、珍しく早起きして12時にはチェックイン。
着いたのが早すぎて最上階にはなれませんでしたが、和室付の
広めのお部屋にアップグレードしてもらえました。


c0079155_170428.jpg


ベッドルーム。ベッドの奥にはひとり掛けソファが2つ。

c0079155_1711852.jpg


ベッドの足側に和室のついているタイプ。
我が家はオールフローリングなので、和室がうれしい。


チェックイン時に「レストランの予約はいかがですか?」と聞かれ。
そう!いつもなら熱海あたりで昼食をすませてくるのですが、
今回まっすぐコチラにきたのは、ランチブッフェのため!

が。満席。

平日とはいえ団塊の世代の退職した方々で宿泊客が多いというのも
ありますが、どうやら近隣の主婦ランチにも使われているようで。

がーん・・・と言葉をなくしていると、レストランに電話をしてくださり。

「ご相席でよろしければ」

いいです、いいです!


実際に行ってみたところ、相席とはいっても10人掛けぐらいの
大きなテーブルの端と端、まったく会話も聞こえず全然オッケー。

今回こんなにランチブッフェに来たかった理由は・・・


c0079155_1754054.jpg


北海道フェア♪というわけで、カニ!ときたらビール!

c0079155_176964.jpg


前菜もすべて北海道。エビのカクテルも美味しかったし、
ウニ豆腐なるものも美味。前菜好きとしては、幸せ度高し。

c0079155_1765887.jpg


もちろんカニはお代わり!

c0079155_1772082.jpg


写真の腕と盛り付けのセンスの無さで、とってもおいしくなさそうですが、
ホタテのグリルとか美味しかったです。パスタは失敗。

c0079155_1781218.jpg


想いっきりブレましたが、海鮮丼。
2口3口くらいで食べられるサイズがうれしい。そして美味しい。

c0079155_1785079.jpg


こんだけ食べといて、デザートは別腹・・・とか言うてる場合か。
でもこのレストランはケーキ類がとても美味しいのです。
ミニチュアジョッキは、ちゃんと中身もビールのゼリー!さっぱり。


c0079155_17102075.jpg


部屋に戻ると、ウェルカムスイーツが来ていました。
マドレーヌと豆菓子。ここのクッキーが大好きなのだけど、今回はなし。

c0079155_1712674.jpg


このお部屋はベランダが2つついています。
ソファの奥にあるベランダからの眺め。とんがり屋根は教会。

c0079155_17125393.jpg


和室に寝転ぶと、ベランダ越しに一面の海!


満腹のあまりとっととジーンズは脱いで、浴衣でゴロゴロ。
「のんびり過ごそう!」のテーマの通り、ランチビールが回ったらしい
ボウズ君は、すでにスヤスヤとお昼寝中。あたしも和室に寝転がって
本でも読もうっと!

・・・zzz


は!いつの間にかちゃんとベッドに移動してまで昼寝満喫。
あぶないあぶない、夜まで寝てしまうとこだった!
と、ふたりで慌てて水着に着替えます。

水着の上にバスローブを羽織ったら、スパへゴー!
ヒルトンホテルだというのに、専用エレベーターを使えば、
バスローブにスリッパのまま、スパや大浴場に行けるのです。

お昼を食べ過ぎて、お腹ぽこんの二人。
ここでせっせと泳いで消化しないと、晩ご飯が食べられません。
泳いだり、ジャグジーに浮かんだり、サウナ対決をしたり。

・・・したものの、ちっともお腹は空かず。
まぁとりあえず出かけますか!ということで、小田原行きの
送迎バスに揺られて、小田原の街を散策します。

いつも行く居酒屋があるエリアとは反対のエリアを探索。
あぁ、けっこう行きたいお店あるかも。でもお腹いっぱい。
じゃぁ今夜はお部屋でまったりしますか。と、小一時間の
お散歩がすんだら、また送迎バスでお部屋に戻ることに。

夜はゆっくり過ごすために、帰ってきたらすぐに大浴場へ!
露天風呂でのんびりリラックスした後は・・・


c0079155_17231679.jpg


じゃん!家にいるときもたまに「ワインの夕べ」というのをしているのですが、
今夜も「ワインの夕べ」にしました。しかも和室で。

ワインとバゲット、生ハムにじゃこと水菜のサラダ、カマンベール。
どれも小田原駅ビルに入っている成城石井で購入。
ワイングラスがないので、ふつうのグラスですが。

c0079155_17253854.jpg


このワイン、1000円ちょっとなのですが、うまい!
ひさびさに安いのに重めで美味しいワインでした。
成城石井が輸入しているらしく、後日近所の成城石井で箱買いしたほど。


浴衣でだらだらとワイン片手にテレビ。
ちっともお洒落じゃないホテルライフになっていますが、
これはこれでとっても楽しく。気づくとふたりとも和室でうたたね。
うん、のんびりできたよねー。

by kakaranran | 2007-05-15 16:43 | 日本(東京以外)