満腹同棲旅行日記


旅行やお出かけのこと。
by kakaranran
★MEMO★
大好きな旅行やお出かけ。
自分がまた行くときのため、
誰かが行くときに参考にして
もらえるように、の記録です。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
鍋料理
from あったかお鍋情報
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


シンガポール旅行記2006.06 =5日目・お買物=


ちなみに今回泊まったフラマ・シティセンター ホテル
チャイナタウンの大きな道路、ユー・トン・セン・ストリート沿いに
あり、まわりは大きなショッピングセンターだらけ。
フードコートやスーパーなどもいっぱいあって、とっても便利。

となりのピープルズ・パークセンターというショッピングセンターの
2階との間に渡り廊下もあるので、暑い外を歩く距離が
少なめなのも楽。


c0079155_15115772.jpg


まぁ普通に狭いけど、2年前に改装されたばかりなので、
清潔で気持ちいいです。お風呂もちゃんとシャワーブースが
あって、使いやすい。


c0079155_15125382.jpg


ひとりでツインに泊まると、大人になった気がします。
とはいえやたらと父親や母親が遊びにきたりしますが。


c0079155_15134043.jpg


両親12階、あたし11階なので、景色はいまひとつ。
両親が住んでいたマンションはこのホテルの並びなのですが、
階が高かったので、この写真に写ってるオレンジ屋根のかわいらしい
街並みとたくさんの緑、遠くにはかっちょいい高層ビル群と海・・・
というすばらしい景色だったので、それを期待していたのですが。



さて。すでにすることのない3人。
住んでいた場所なので、いまさら観光したいところもなく。

住んでいた頃によく二人が行っていた場所、ということで
地下鉄に乗ってシティ・ホールへ。

MRTのシティ・ホール駅に直結している四角い建物、
ラッフルズ・シティは若者向けのショッピングセンターなのですが、
両親が住んでいた頃は、そごうが入っていたのです。
なので日本食の食材が高いけれど豊富で、毎週末ここに
買出しにきていたのだとか。
今はそごうが脱退して、英国系のロビンソンズが入ってました。



「なつかしいなー、よくこの入口で帰りにタバコ吸ってさー」

モノを買ってあげるよりも、ごはんをごちそうしてあげるよりも、
こうしてなつかしそうに目を細めさせてあげられたことに、
うれしかった。ちょっとは親孝行できたかなー。

といいつつも買物欲が消えてない3人は、ここでも買物。
両親も久しぶりにこんなに買物をしたらしく、ほくほくしていました。



そして今日のランチこそはラクサを食べないと!
ということで、やはりローカルフードが一番充実している
チャイナタウンに戻ることに。

さすが毎日ヒマで歩き回っていた母親。
地元の人でごった返している、しかもここにこんな場所が!
という観光客には見つけられないフードコートに連れて行ってくれました。

ピープルズ・パーク・コンプレックスという有名な
ショッピングセンターの裏。ひ、広い!!体育館が3つほど
縦に並んでるくらいに広い敷地の両端に、数え切れない
お店が並んでいます。


c0079155_15272756.jpg


ちょうどお昼時だったので、勤め人でいっぱい!
なんとか手分けして席を確保。


c0079155_15275779.jpg


これこれこれ!!これがラクサです。
カレーとココナッツミルクでできた甘辛いスープの麺。
あたしの好きな食べ物ベスト3に入るのです。ラヴ。



実は昨日のドリアンのせいか、胃腸の調子が悪い母親、
久しぶりに歩きすぎて足がパンパンにむくんでいる父親。
これはまずい、ということで、一旦ホテルへ。

しかし二人に比べれば少しは若いあたし。
しかもまだ買い足りない。両親からも「彼に何か買いなさい」と
自分のものばかり買ったことを責められ、ひとりオーチャードへ。

何人に見られるのか、道を聞かれたり、地下鉄の切符の
買い方を聞かれたりしながら、何とかつたない英語で
乗り切り、ひとりでお買物。少しずつ自信もでてきたみたい。



夕方ホテルに戻ると、なぜか父親が鼻血を出して
大変なことになっていましたが、身支度を整えて街へ。

行き先は、もちろん・・・



c0079155_15371637.jpg


ドリアン♪


ここで3人でドリアンと共にバカな写真を取りまくる。
父親はお店のおじさんにお願いして、ドリアンの山にうずもれ
させてもらってまで撮影してました。血のつながりを感じる・・・。



c0079155_15385016.jpg


晩ご飯は、母親の食べたがっていた飲茶。
1品2ドルの飲茶店、昨日からチェックしていたお店なのですが、
どれもおいしくなかった・・・残念。



c0079155_15401112.jpg


お腹もいっぱいになって、ぷらぷらと夕方のチャイナタウンを
お散歩。あっという間だったね。楽しかったね。
ずっと連れてきたかったから、がんばってよかったよ。



両親のツアーは夜の22:00にホテルにお迎えがくることに
なっていたので、あたしの部屋に移動して、交代でシャワー。
ホテルの人たちも、両親の分の新しいタオルやスリッパをあたしの
部屋に持ってきてくれたり、すごく親切。いいホテルだったなー。

3人で時間まで、またNHKを見ながらゴロゴロして。
楽しかった、ありがとう、を連発するふたり。



ツアーのお迎えがきて、またね!と両親とお別れ。
またひとりぼっちになったのでした。


・・・この後が大変だったのですが!!

by kakaranran | 2006-06-30 15:08 | シンガポール

シンガポール旅行記2006.06 =4日目後半・お買物=



やってきたのは両親の泊まっているフラマ・シティセンター ホテル
今日からあたしもこのホテルに滞在。

チャイナタウン駅から徒歩3分、クラークキーへもお散歩できる
なかなか便利な場所。オーチャードとかは遠いけれど、
チャイナタウンに住んでいた両親にはぴったりのロケーション。
しかも日本人スタッフが数人いるので、とても安心。

まだ11:00だったので部屋の準備ができていないという
ことなので、ひとまず両親の部屋に荷物を運んでもらい、
お買物に出発!



シンガポールで買物といえば、オーチャード・ロード。
しかも年に一度の政府あげての『シンガポール・グレートセール』の
真っ只中!!買いまっせ!!と3人で地下鉄で移動。

父親がアルマーニ・エクスチェンジのTシャツを愛用してるので、
(10代向けのブランドだが・・・)まずは高島屋へ。
父親のTシャツを買ったり、あたしがZARAで洋服を買ってもらったり。



あまりに広い高島屋ですでに疲れ果て、次はランチ!
父親が食べたがってるチキンライス、あたしの食べたいラクサが
同時に食べられるお店を探す。が、見つからない。

あたしたちが食べたがってるのはローカルフード。
オーチャードは超観光客向けの街なので、ローカルフードは
少なく、しかも高い!フードコートもちょっといんちきっぽくて
本格的なローカルフードではないのだ。

オーチャードロードを東へ東へ歩き続け、気づいたら
隣駅のサマセットを越えており。もうどっちかがあれば
いいね、ということで見つけた小さなショッピングセンターに
ある小さな食堂。「ラクサ」の看板発見!!


・・・ラクサ、今日はないんだって。


しかたがないので、ローカルフードだしいいや!
ということで、ここでランチ。


c0079155_1417431.jpg


これぞ庶民の味!ご飯の上に好きなおかずを乗せてもらう。
これがなんと2シンガポールドル(約146円)。
オーチャード近辺でこの値段は希少価値。
辛くないと言われたカレーがすっごく辛かったけど、美味!



そのあとはブランド物ではなく、安物買いに走る親子。
3枚以上買うとなんと1枚5ドル(約365円)!!のTシャツを、
仲良く買いまくり。安物買いの銭失いともいうが。


安物買いに夢中になってオーチャード方面に歩いていたら、
今度はオーチャードを超えすぎてる。暑くて死ぬ・・・
ということで、なんだかお洒落なオープンカフェでお茶。
ヨーロッパ系のお洒落なカップルたちの中で、
安物のTシャツの入った袋をかかえる日本人客・・・。




いくらなんでも暑い午後、歳をとった両親はさすがに
ぐったりしているので、一旦ホテルに戻って休憩。
あたしは無事にチェックインし、両親のひとつ下の階の
喫煙フロアにある部屋に移動。


c0079155_14373127.jpg


夕方になったら、チャイナタウンをお散歩。
もっとガチャガチャして人もたくさんいるのだけれど、
なぜかさみしい道を撮影したもよう。覚えてない。


夕食の前に行こうね!と決めていたところは、もうすぐ。
うっ!臭くなってきました!そう、そこは・・・



c0079155_14383279.jpg


ドリアン屋さん!


今が旬のドリアン。チャイナタウンにたくさんお店が並びます。
あたしたちが行ったのは、チャイナタウン・コンプレックスという
大きなショッピングセンターの1階。L字のコーナーの部分。


c0079155_15504875.jpg


ドリアンを選ぶ両親と、割ってくれるおじさん。
周りにも匂いをかいで美味しいのを選んでいる中華系の人が
たくさんいます。みんなすごい真剣な表情。
1ドル(約73円)・2ドル(約146円)・3ドル(約219円)のが
あったので、3ドルのを分けることに。

周りには椅子とテーブルが立ち並んでいて、みんな
うれしそうにドリアンと格闘しています。


c0079155_14414365.jpg


さっそくあたしたちも席を見つけて、オープン!
タイで食べたのは外がもっと大きくて中が白いのですが、
シンガポールのは(マレーシア産)小さくて黄色い!!


お味は。
タイで食べたときは、チーズやバナナみたいに重くて、
うーん、一口でいっかなーという感じ。お腹いっぱいになるし。

しかしこちらのは!濃厚なクリーム!!
口に入れるととろけちゃって、形が残りません!
一口目はクサイんだけど、そのあと止まらない!!

そして、1つを3人で分けてるのは、あたしたちだけ。
みんなひとり3つとか食べてます。お腹いっぱいになるのに
晩ご飯どうするんだろう。

でも一年間にこの時期だけなので、みんなすっごく楽しみに
してるそうです。父親の働いてた職場でも、土曜日に
「ドリアンパーティー♪」とかいって、会社でみんなで
大量のドリアンを食べる日があったそう。



c0079155_14493127.jpg


椅子の横には大きなゴミ箱が。すごい量!


ちなみにこのドリアン、高タンパクすぎるので、
食べた後はしばらくお酒を飲んではいけません。
実際、アルコールに弱いあたしは、このあとしばらく
軽く酔ったときみたいに、胃と顔がホカホカしてて、
頭もぼんやりしてました。おそるべし、ドリアン。



c0079155_14533398.jpg


てことで、今夜の晩ご飯は、父親希望のチキンライス!
ご飯をアップにしすぎて、チキンが存在感薄めですが・・・。

チャイナタウンノニュー・ブリッジ・ロード沿いの、オープンカフェ風
というか、屋台のような食べ物やさんが並んでいる一角。
ここのもしっとりしていて美味しかったです。このチキン・ご飯・
スープ・炒め物のセットでたしか5ドル(約365円)くらい。
チャイナタウンは安いなー。


c0079155_1457631.jpg


これはアップすぎた・・・。母親がその辺の屋台で買ってきた
デザートのスイカ。夜もとにかく暑いので、果物は必須。


帰りにスーパーで夜中のビールや明日のお水、
おやつなどを買ってお部屋に戻ります。

両親の部屋でNHKなぞ見つつ、夜はふけてゆきます。

by kakaranran | 2006-06-29 14:02 | シンガポール

シンガポール旅行記2006.06 =4日目前半・一人旅=


今日からは、なんと久々のボウズ君不在の旅行!
仕事の都合がつかず、両親とシーフードを食べた後ホテルに戻り、
1時間だけ寝て3時には起きて、ひとり日本に帰国したのです!

「気をつけてねー」

とホテルの部屋の入口で見送ったあと、せまりくる不安。

英語しゃべれないのに、ひとり。無事に両親に会えるのか?
そしてひとりで日本に帰れるのか?

昔は同じような英語レベルの友達とどこでも旅行してたのに、
ボウズ君と旅行するようになってからは、会話はすべておまかせ。
会話どころか、パスポートもボウズ君に管理してもらい、
そもそも最近ではお財布も持たずに旅行についていってるあたし。
心配だ・・・。おそろしい・・・。




あまり熟睡できず、それでも朝ごはんのために起床。


c0079155_13324381.jpg


ヒルトンオーナーズゴールドメンバーは、プールサイドカフェで
朝食をとることができます。見えづらいけど、窓の向こうはプール。


c0079155_13333548.jpg


不安だろうが何だろうが、朝ごはんはガッツリと。

部屋に届いていた日経新聞を読みながら、ひとりで朝食。
くーっ!仕事のできる女みたい!無職だけど!




荷物をまとめ、チェックアウト。お金はボウズ君が出るときに
カードで払ってくれていたので、鍵を返すだけ。
しかし、ひさびさの英会話。キンチョー。

そしてベルに、昨夜からずっと練習していた英語での

「メータータクシーを呼んでください」

をすでに緊張のあまり忘れてしまい、どうにか単語で意思疎通。
やばい。この英語力。




タクシーでは運転手さんがやたらと話しかけてくれる。
が、すまん。わからなすぎる。

しかし会話をあきらめるのではなく、ゆっくりとわかりやすい話を
してくれる運転手さん。一生懸命話すと、大げさなくらいにうなづいてくれて、
笑ってくれる。おかげで少しずつ緊張感もほぐれ。


この運転手さんは日本酒が好きで、小エビの天ぷらを
つまみに大吟醸酒を飲むのが幸せらしい。という無駄情報を得て、
あたしはこれから両親の泊まってるホテルに向かってること、
両親は7年前までシンガポールに住んでたことなどを伝える。

と、途中からいきなり話がずれて、やたらとあたしのことを
「ビューティフル!」などと言い出した。最初は喜んでいたのだが
「今夜ディスコに行かないか」などと言い出す運ちゃん。
両親と一緒だっていってるじゃん!

遊びにつれてくのでもいいし、仕事としてタクシー呼びたいときに
でもいいよと名刺をくれて、ひきさがってくれたので、一安心。

シンガポールは今ほんとうにタクシーをつかまえるのが大変で、
みんな電話で呼び出ししているので、この名刺はありがたい!
次回きたときまで、大事にとっとこーっと。



まさかナンパされるとは思ってもなかったけれど、
この運転手さんのおかげで、一人旅の不安も少し消え、
でもひとりでも何とかできるじゃん!って自信ももらえた。

ありがとう!Daleさん!!

by kakaranran | 2006-06-29 13:27 | シンガポール

シンガポール旅行記2006.06 =3日目シンガポールへ=


朝は昨夜ディナーを食べたレストラン『スドゥ』でビュッフェ。
マレー料理・洋食・中華・和食と種類も満載で大満足。

のんびり準備をして、お昼前にチェックアウト。
昨日到着したプドゥラヤ・バスステーションでバスのチケットを買い、
再度ジョホールバル経由で帰ります。


c0079155_15451561.jpg


外は真昼間、ジリジリと照らす陽射しが暑いのに、バスの中は
あいかわらず夜の雰囲気・・・何度見ても渋い。

帰りはシンガポールまでのチケットなせいか、出国入国ともに
そんなに急がなくても、バスは待っていてくれました。
思わず急いじゃいましたが。



シンガポールに戻ったら、タクシーに乗って今夜のお宿へ。

c0079155_15473532.jpg


コンラッド・センテニアル・シンガポール。ヒルトングループの中では
最高級ランクのはずのコンラッド。ここは・・・最低です。
去年ボウズ君がひとりで来たときも不快だったらしいのですが、
まったくもって相変わらず。

スタッフが異常にツンツンしていて、ホスピタリティが感じられません。
部屋について30分たっても荷物が来ないし。何度電話しても来ない。
挙句の果てには「ごめんなさい」ではなく「急いで持ってきました」
って言って持ってきた・・・急いでないじゃん!


c0079155_15501538.jpg


インテリアもまったくいいわけでもなし。むしろ安っぽい。


c0079155_1635230.jpg


泊まるともらえるコンラッドベアのぬいぐるみと、ウェルカムフルーツと
チョコレート。このフルーツの大ざっぱさが、このホテルのサービスを
象徴している気がします。だってこれ食べたいと思えないもの。
今はフルーツが一番おいしくて種類も多い季節なのに、なんでこれ?



と、文句を言ってる時間はなく、シティホール駅まで20分かけて
歩き、地下鉄に乗って両親の待つチャイナタウンへ・・・。


そう!両親とボウズ君の初のご対面!!緊張。

とりあえず両親の泊まっているホテルのロビーで紹介し、
4人でディナーのため、クラークキーまで歩きます。

15分ほど歩いてクラークキーへ到着。夜景がきれいなエリアなのに
なぜか写真を1枚も撮りませんでした。緊張していたのでしょう。


行きたかったジャンボシーフードという名前がうさんくさい
川沿いのシーフードレストランは満席!平日の夜だというのに
どこのレストランもかなり混雑しています。しかたがないので
川沿いにあってシーフードの食べられるレストランを
適当に探して入りました。

海老・カニをはじめとするシーフードと、タイガービールで乾杯!!



ちなみに、父親。

 「こんな娘のどこがいいの?」

し、失礼な・・・と思っていたら、横で困惑顔のボウズ君。

 「うーん、どこでしょう?」

わかんないのかよ!ちゃんとどっかほめてよ!!

 「でもパパッと冷蔵庫の中身で料理するのはうまいでしょ」

と父親が助け舟。ほっ。よかった。



食事の後はチャイナタウンまで歩いて帰り、両親と一旦お別れ。
タクシーでコンラッドに戻りたかったのですが、どこの乗り場も
行列。走ってるタクシーはみんな迎車でとめられない。
しかたがないのでまたしても地下鉄に乗って、20分歩いてホテルへ。

ドアマンはスタッフ同士でおしゃべりしててドアを開けてくれないし、
他のスタッフたちもあいさつもしてくれない。

はぁぁ。やっぱりダメだ。このホテル。

by kakaranran | 2006-06-28 15:53 | シンガポール

シンガポール旅行記2006.06 =2日目後半・KL=


広くて涼しいバスの中でぐっすりと眠り、昼過ぎにはKLの
プドゥラヤ・バスステーションに到着。大きな建物の2階には、
たくさんの食堂やフルーツ屋さんやジュース屋さんがずらりと
並んでいます。ただし、暑い!


お腹がすいたので、疲れてはいるものの、ゴロゴロと荷物を
ひいて、空いてすぐのチャイナタウンへ歩きます。
チキンライスが食べたい!!


c0079155_14362664.jpg


ということで見つけた、南香飯店。キレイなお店ですが、
歴史のあるチキンライスのお店だそうです。


c0079155_14371530.jpg


色が悪いのでおいしそうに見えないのですが・・・おいしい!!
シンガポールでもよく食べていたけれど、ここが人生でナンバーワン!
チキンが驚くほどしっとりしていて、でも脂っこくなくて。チキンスープで
炊いたご飯もほどよい塩味。スープも美味!



歩いてすぐのPASAR SENI駅から電車で1駅。
KLセントラル駅につながっているヒルトンクアラルンプールが今回のお宿。

今回の目的地はシンガポールだったのに、こんな強行な移動で
わざわざKLに来たのも、ここに泊まりたかったから!
ボウズ君とあたしの好きなホテルベスト3に入る大好きなホテル。

また、今月中にヒルトンに2泊すると、再来年もゴールドメンバーで
いられるため、その修行のためともいえます。


c0079155_15144290.jpg


ゴールドメンバーということでアップグレードされているせいも
あるかもしれませんが、ここの部屋は本当に大好き。
六本木にあるグランドハイアット東京に雰囲気や造りが似ています。


c0079155_14463114.jpg


お風呂側から見たところ。大きな窓のそばにある寝椅子が
毎回奪い合いになります。窓の外は、広いジャングルと、小さな街並み。
KLは緑が多いところが気持ちいいですねー。



久しぶりにシャワーを浴び、街に出かけます。


c0079155_150214.jpg


ペトロナス・ツインタワー。
おぉ!KLに来た!という感じ。下はショッピングセンター。
セールも少しずつですが始まっていました。


あたしのお洋服を見たり、ボウズ君の好きな時計屋を見たり、
ひたすらウロウロ。途中でお腹がすき、シナボンで休憩。
疲れてる体には、甘いものがしみるーーー!!



ホテルに戻って、ディナー。
前回来たときは街中で食事をしたのですが、このホテルは
レストランやバーがたくさんあるし、どれもお洒落で素敵な
感じだったので、今回初トライです。

c0079155_15295785.jpg


ロビー階にあるスドゥというレストラン。
マレー料理と西洋料理の両方をいただけます。
地元の人はビュッフェを食べてる人も多かったけれど、
ここはアラカルトぜんぶおいしいです!


c0079155_1562613.jpg


まずはマレー料理といえば!の海老とチキンのサテ。とサラダ。
このサテうま!エビが特に香ばしくって、ピーナッツソースも絶妙。


c0079155_1571318.jpg


ずっと食べてみたかったロティ。甘くってもちもちしていて、
カレーソースにつけて食べます。おいしかった!


c0079155_1584057.jpg


タンドリーチキンと、タンドリー海老(っていうのか?)。
サテと同じようなものですが、どっちもうまい!


ここは店員さんもみんな感じよく、特に小柄な男性がすばらしい。
ちょっとえらい人っぽいのに、誰より働いて、誰より目を配らせていて、
あまりに感じがよかったので、ワインもお兄さんオススメのを
いただきました。あー、デートっぽくて素敵な夜でした。



c0079155_1511307.jpg


部屋に戻ったら、ターンダウンとともに、ウェルカムフルーツが
来ていました。初めて泊まったときは宛名だけが直筆であとは
プリントでしたが、2回目だったせいか、すべて手書きのメッセージ。
ゲストマネージャーの日本人の女性からでした。

by kakaranran | 2006-06-27 14:31 | マレーシア

シンガポール旅行記2006.06 =2日目前半・KLへ=



さて、なぜシンガポールに着いた日にホテルに泊まらなかったかと
いうと、朝一でマレーシアのクアラルンプールへ移動のため!


ここ数年で地下鉄がだいぶ増えたシンガポール。
空港にもつながってくれました!というわけで早朝5時半の始発に
乗って、街に出ることができます。

あたしたちが降りたのはブギス駅。ここにバスターミナルが
あるはず・・・まだ暗い中、荷物をゴロゴロひきながら歩くと、
すぐに見つかりました。クィーン・ストリート・ターミナル。

いくつかのバスと、露天のような台。この台に座ってる
おっちゃんからチケットを購入します。


c0079155_14115488.jpg


これはバスの中から見たチケット売り場。
まるで市場で果物を売ってそうです。


シンガポールからクアラルンプールへは、直行のバスも出ていますが、
ジョホールバルで乗り換えたほうが料金が安くなります。
物価がまったく違う国なので、設定が違うらしく。
なので、あたしたちもまずはジョホールバルへ。


寝ていないのでバスに揺られると眠り込んでしまいそうになりますが、
お互いに起こしあって、なんとか眠らずにがんばります。
明け方なので渋滞もなくあっという間。そして国境が忙しい!


まずは出国ゲートでおろされます。そこからは自分たちで
歩いて出国審査を通過。通過したらダッシュで出口に出て、
先ほど乗っていたバスに乗り込む。

すぐに入国ゲートにつくので、また歩いて出国審査。
あたしたち外国人は入国カードも書かなくてはならないので大忙し。
小走りで入国を終え、またまたダッシュで出口へ。

・・・
なぜこんなに急ぐかというと。バスは人数がそろうのを
待っていてくれないのです!今回もこんなに急いだというのに、
おいていかれてしまった・・・。


といっても、心配はありません。次々とバスはやってくるので、
自分が乗ったバス会社の次のバスを探します。
なので最初に乗るときにバス会社をちゃんとチェックしておくこと!



無事、次のバスに乗り、ジョホールバルのラーキン・ターミナルに到着。
ここからはいろんな場所行きのバスがあり、客引きのお兄さんたちに
囲まれ、もまれながら、自分の行きたい場所へのバスチケットを購入。
日本人はエアコン付のVIPバスに乗りましょう。


c0079155_14205022.jpg


VIPバスはこんな感じのキレイなバスです。昆虫みたいですが。


c0079155_14214486.jpg


でも中はこんな感じ。渋い。


約5時間、1回トイレ休憩があるだけで、あとは思いっきり
飛ばします。トイレ休憩の場所もトイレしかなく、売店どころか
自販機もないので、このターミナルで飲み物を買うのは必須。



ちなみにシンガポールからジョホールバルへのバスは
2.40シンガポールドル(約177円)、ジョホールバルから
クアラルンプールへのバスは24リンギット(約750円)でした。

by kakaranran | 2006-06-27 14:03 | マレーシア

シンガポール旅行記2006.06 =1日目・シンガポールへ=



今回のシンガポール旅行は、両親を招待!の親孝行旅行。
両親は仕事で2年間シンガポールに住んでたことがあるのです。
ふたりっきりでの海外での生活。大変だっただろうけど、
すでに定年退職したふたりには、なつかしいかな?と思い。


まず1日目。

ヒルトン成田に前泊していたので、のんびりお昼までゴロゴロ。
ホテルからの送迎バスで成田第一ターミナルへ。

杵屋でうどんを食べ、ターミナルの中をウロウロ。
チェックインをすませ、出国審査をすませたら、免税店でタバコを購入。

時間がありあまっていたので歩き回っていたら、北ウィングに
いたはずが、新しくできた南ウィングについてしまいました。
中がつながってるとは思わなかった!ラッキー!!

この南ウィングはブランドショップなどがいっぱいできたと
話題ですが、思ったほどいろいろはなかったかも。
ただ、免税なんで安い!ティファニーなんて、NY本店と
同じくらい、モノによってはこっちのほうが安い!なんてことも
あるそうです(店員のお姉さんに聞きました)。



今回はノースウエスト航空の深夜便。
エコノミークラスだったので機内食などは撮影しませんでした。

シンガポールについたのは夜中の1時。
ホテルへ・・・は向かわず、今夜は空港で時間をつぶします。

チャンギ空港は、24時間レストランもあいているし、
あちらこちらに無料のインターネットもあるし、免税店もあいていて、
夜明かしするには快適な空港です。同じように時間をつぶしている
人も多いので、夜中でも怖くないし。


c0079155_1356893.jpg


というわけで、いろんな国の人たちと一緒にワールドカップを
見たり、サッカーゲームをしたり、タバコを吸いにいったり
ネットで遊んだりしつつ、朝まで過ごしました。

by kakaranran | 2006-06-26 13:33 | シンガポール

ヒルトン小田原リゾート&スパ


大好きなヒルトン小田原リゾート&スパ
に行ってまいりました。


ここは昔、問題になったスパウザ小田原の後身です。
雇用保険料を財源に、バブリーな宿泊施設を作っちゃったわけです。
もちろん大赤字となり、ヒルトンが買ったのが数年前。

広大な敷地には、森林浴と言うにはワイルドな森の散歩道や
パターゴルフ場、テニスコート、チャペル、陶芸場など
たくさんの施設が広がっています。


東京駅から新幹線で33分、東海道線のアクティなら1時間半弱で
小田原につきます。この小田原駅もしくは2つ先の根府川という
駅まで送迎バスが出ています。

ホームから海が見える、無人駅の根府川から送迎バスに
乗ればほんの数分でヒルトンに到着。



今回は写真を撮り忘れたのですが、ゴールドメンバーは
お部屋をアップグレードしていただけるので、60㎡くらい
あり、ちゃんとしたソファセットなどくつろげるスペースも広い
デラックスルームにしていただけました。


c0079155_13315840.jpg


ここのウェルカムフルーツはフルーツではなくお菓子。
その季節によって多少変わるのですが、和菓子とドライフルーツ、
チョコレートにビスコッティという和洋折衷パターンが多いようです。


c0079155_1332414.jpg


あいにくの雨ですが、ベランダから相模湾が一望できます。



まずはスパ!
ここはスパとエステと大浴場などが、宿泊等とは別にあり、
お部屋からなんとバスローブとスリッパで行くことができます。
(もちろんロビーやレストランへは禁止)


バスタオルとタオルはスパ受付で借ります。
しとしと小雨のふる中での屋外のスパも気持ちがいい!
屋外のスパ・屋内のスパ・サウナ・ミストサウナなどを
ぐるぐると回り、へとへとに疲れたら、お部屋へ。


晩ご飯はホテルでとる方が多いようです。
山の上で、周りは何もないため。

ブラッセリーフローラでのディナーは、コースとビュッフェ。
コースはちょっとお高め。ビュッフェはおひとり¥5,775。
そのときによって、北海道フェア・ベトナムフェアなど
いろいろな催しをしています。デザートが特にオススメ。



が、あたしたちは小田原へ出かけます。
翌朝もフローラでのビュッフェだし、小田原駅周辺は
けっこうおいしくて安い居酒屋さんが充実しているので。

ホテルから送迎バスに乗って20分くらいで小田原駅。
駅前ロータリー横にある東通り(旧職安通り)へ入ってすぐに
ある『さくら』さんという居酒屋がオススメ。

飲んで食べていい気持ちになったら、ホテルへ戻る
21:00出発の終バスに乗って帰ります。



ホテルに戻ったら、お楽しみのお風呂!大浴場へ。
これまたスパ同様、スリッパとバスローブもしくは
部屋にあるパジャマのようなもので行くことができます。

広くはないのですが、ガラス張りの内風呂も、露天風呂も
気持ちがいい!お湯がちょっとしょっぱいのは、やはり
海が近いせいでしょうか。平日は空いているので、本当にのんびり。



お風呂上りは大浴場の横にあるマッサージがオススメ。
バンダナを巻いたおじさんがいて、すっごくうまいのです。
子供の頃からの肩こり持ちなので、あらゆるマッサージに
行きましたが、あたしにとってはナンバーワン!!

このマッサージのために小田原に来ていると
いってもいいくらい。ただし最近すごい人気なので、
チェックインと同時に予約することをおすすめします。


部屋に戻ってビールでも飲めば、極楽の眠りがやってきます。



ゴールドメンバーだとレイトチェックアウトにしていただける
ので、あたしたちは14:00にチェックアウト。

朝目覚めたら、ブラッセリーフローラで朝食。
ここはちゃんと真鶴湾周辺でとれるお魚類が豊富。
和食も洋食もあってどれもおいしい!大好きな朝食。


そしてチェックアウトまでの時間は、朝風呂にいったり、
お部屋でゴロゴロしたり・・・ゆっくり、まったり。

ここの大浴場は、実は朝のほうが気持ちいい!
かすかに流れてくる潮の香り、緑に囲まれて
お風呂につかれるのは、本当に幸せな時間。


また、テニスやパターゴルフのスポーツを楽しんだり、
森の中を散策してみたり(かなり距離があります)。

さらに時間があれば、ライブラリーカフェへ。
飲み物は有料ですが、静かに本を読んだり、
DVDを借りて観たりすることができます。

アウトドア派ではなくインドア派の我が家は、
スポーツはなく、ライブラリー派です。


チェックアウト後は、送迎バスで小田原へ。
駅周辺でかまぼこなどをお土産に購入して、
おうちへ帰ります。

by kakaranran | 2006-06-12 15:08 | 日本(東京以外)