満腹同棲旅行日記


旅行やお出かけのこと。
by kakaranran
★MEMO★
大好きな旅行やお出かけ。
自分がまた行くときのため、
誰かが行くときに参考にして
もらえるように、の記録です。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
鍋料理
from あったかお鍋情報
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:中国( 6 )


北京年越し旅行記2007.1=4日目後半胡同お散歩=


大きなお店がつらなっていた大柵欄ですが、ずっと西に歩くと、
少しずつ道が狭くなっていき、並んでいるお店も小さく
庶民的なお店ばかりとなってきます。


c0079155_13164352.jpg


どこの国に行っても屋台の食べ物を愛するふたりですが、
さすがにためらわれるあまりに安い食堂やら、
犬鍋屋さんやらがあり。他にもタバコ屋さん、床屋さん、
そして少しずつ住宅も増えてきました。


先ほど大柵欄で茶盤を買ったのですが、茶器を買ってない!
ということで、たまたま見かけた小さなお茶屋さんに
入ってみました。


c0079155_1319454.jpg


北京のお茶屋さんは、チェーン店もこういう個人商店も、
店内を見ている間に飲みなさい!とお茶をふるまってくれますね。
ここは本当に小さなお店なので、人んちのリビングみたいな
雰囲気。ライチティーをいただきながら、おやつも食べちゃいました。

ご夫婦でやっているのだけど、奥さんが英語ペラペラ!
明るくて、でも控えめで、チャーミングで、すごい魅力的な女性。
勧め方や、ボウズ君の値切りへの対応なんかも、とっても
語彙が豊富な方で、気持ちよくお買い物ができました。


c0079155_13232756.jpg


ぶらぶらと歩いてると、胡同(フートン)が並ぶ通りに出ました。

胡同とは、北京の旧城内に点在する四合院造りの家の
門というか路地。共同住宅で、トイレも共同、台所も共同もしくは
なし、というスタイルの住宅。再開発に向けてどんどん数が減っており、
観光地用に残しているところもあるのですが、ここは観光地用では
ない、純粋な住宅の胡同。


c0079155_13302116.jpg


車は通れない路地。これぞ胡同。
北京では胡同めぐりをしたいと思っていたので、うれしい!


c0079155_13313279.jpg


四合院の住宅にはだいたいこういう門がついています。
家によって少しずつカタチが違うのは、昔の職業によって
デザインがある程度決まっていたからだそうです。
奥では走り回る子供や、洗濯をしているお母さんが見えたり。

でも、歩いている途中にも、ガンガン壊されていました。
見るからに高級そうなタワーマンションがすぐ近くにできてたり。
ここに住んでいた人たち、どこに行くのだろうか。


気づいたら大きな道に出ており、ウォルマートが!
これはおみやげを買うチャンス!
会社や家族へのお土産と、自分ち用にチャイニーズソーセージ
などを買い込む。チャンスとばかりにトイレもすませる。

かなり歩いた気がするけど、いったいここはどこなんでしょうか?
落ち着いて居場所を確認するために、そごうの中にある
一茶一坐へ。このお店どこにでもあるなー。


c0079155_13393441.jpg


おとといはミルクティーなぞ飲んでしまいましたが、
せっかく中国に来たんだから変ったものを飲もう!と、
白茶にチャレンジしてみました。おいしくないだろうなーと
思っていたら!意外や意外。うまい。


c0079155_13403651.jpg


ボウズ君のおやつは、ドーナツ。中にエッグタルトのような
卵あんが入っていて、あつあつの揚げたて。うま。


c0079155_13411749.jpg


あたしのは見た目は悪いですが、タロイモと白玉団子の
グラタン。熱々で素朴な甘さでおいしー!


さて、ガイドブックの地図を広げてみると。
昨日行った瑠璃廟が近いみたいだから行きたいねと言って
いたのに、とうの昔に通り過ぎてたことが発覚。
あそこで曲がっていれば!まぁ楽しかったからいいけど。


たっぷりのお茶で暖まったら、今度は間違えないように
瑠璃廟へ向かって歩いていきます。瑠璃廟ほどの
高級さや由緒正しさはないけれど、小さな文具店や茶器店
などが並んでいる道を通ったので、それはそれで楽しく。


c0079155_1345150.jpg


瑠璃廟に到着。ボウズ君すでに大荷物。
これでお買い物チャンスはラスト!ということで、
はりきってお買い物に励むボウズ君。
悩みに悩んで硯、筆、紙などをお買い上げ。
あたしも絵を1枚買ってもらいました。


茶盆に茶器、文具一式にお土産たくさん。
すごい大荷物になってしまったので、タクシーで帰宅。

あー疲れた!よく歩いた!と、ごろーんとなってしまいたい
気持ちでいっぱいですが、今横になったら明日の朝まで
起きられないのは確実。でも今日は最後の夜。
がんばろう!と、横になるのを我慢して、街に出てみます。


晩ご飯何にしよっかー、正直お腹すいてないしー
などと歩いていると。


c0079155_13513680.jpg


屋台だ!!
東安門大街は、夕方になると東新街夜市という
ナイトマーケットが出るのです。羊の串焼きに、水餃子、
一人分のお鍋に、包子・・・うぅ、どれもおいしそう!!

が。これ食べちゃったら最後、絶対に晩ご飯は
食べられない。そして夜中にお腹がすくにちがいない。
ここはぐっと我慢して・・・


c0079155_1414920.jpg


結局!また東来順に来ちゃいました。2日連続。
しかもボウズ君が

 「実は昨日、オレほとんど肉食べてない・・・」

などと言い出したので。だって!食べてると思うじゃんふつう!
なんか肉が多いなぁとは思ってたけど、残すの嫌いだし
ガンガンたべましたよ。ほぼ2人分食べてたとは露知らず。


c0079155_1432819.jpg


昨日と同じ1番安いコースにしたのですが、前菜が
ちょっと違いますね。他のテーブルを見てたところ、
そこによって出てるものが違う。気分次第というところか。


c0079155_1441579.jpg


ゴマ団子。うれしいが、昨日はなかった。
なぜあまりお腹がすいてない今日に限って・・・。


c0079155_1444635.jpg


パンまで出てきた。昨日のお姉さんが間違っていたのか、
今日のお姉さんが間違っているのか、すごく謎。
ていうか、かなりアバウトなお店っぽい。有名店なのに。
でもこのパンは層がたくさんあって、シナモンがきいてて、
モチモチなのにフワフワで、かなりおいしかった。


またしても大満腹になり、王府井大街へ。
せっかく茶器類を買ったのだから、お茶を買おう!と
今年で創業120年の呉裕泰茶庄というお茶屋さんへ。

ここは量り売りのお茶っぱがメイン。
同じ茉莉花茶でも安いものから高いものまでたくさん。
プーアールや鉄観音なんて、高いものは目玉が飛び出る
くらい、おそろしい値段。でも庶民的なのもあり。

ここでさらにふだん使いのガラスの茶器セットと、
中の上くらいの茉莉花茶と白毫銀針茶を購入。



気づくと割れ物を大量に購入してしまい、パッキン担当の
ボウズ君は、頭を悩ましていましたとさ。



c0079155_14232527.jpg


帰国後のお茶。
茶盤はたまにしか使ってないけれど、お茶には
すっかりはまり、毎日朝から晩まで中国茶を飲んでるふたりです。

by kakaranran | 2007-01-01 13:02 | 中国

北京年越し旅行記2007.1=4日目前半前門お散歩=


あけましておめでとうございます!

といいつつ、新年めでたい気配は特にない北京。
とはいえ元旦はいちおう休日らしく、国内からの観光客が
どっと北京の町に訪れてきているそうです。


そして今日は北京に来て以来、はじめて雪が降ってない!
というわけで、朝から街に出かけてみることに。
明日帰るというのに、天安門広場も見てないし!

ってことでタクシーのお兄ちゃんに「天安門」と
言ってみたのですが・・・タクシー止められないんですって!

目の前を通り過ぎ、前門の横あたりに大きな駐車場があり、
観光バスやタクシーなどはすべてここにしか駐車できない
システム。まーそりゃね、天安門の前混むしね。
でもさ、ここから天安門まで歩いて戻るには距離ありすぎ!
タクシー乗った意味ないですから!


と、さっさと天安門はあきらめる。
人民大会堂を横目に見ながら、天安門広場のはじっこに。


c0079155_12344010.jpg


人の流れについていったところ、到着したのは
毛主席記念堂。故宮の前門と正門の間にこんなもん
作っちゃうなんて、すごいな・・・毛主席。


c0079155_1236356.jpg


みなさんやたらと撮影してたので、つられて撮ってみた銅像。


c0079155_12363783.jpg


こちらは前門(正陽門)を内側から撮影。

とにかく果てしなく広い広場にぎっしりと人がいて、
中国のでかさに感服しました。何もかもが本当に広すぎ。


さて、なんで前門に向かって歩いたかというと、前門の南側に
ある前門大街という通りが、第二の王府井といいますか、
おいしい食べ物やさんがいっぱいあると聞いたので。
北京で1位2位を争う北京ダック屋さんがあるらしいので、
今日の朝食兼昼食は北京ダック!お正月だもの贅沢に!


c0079155_12393095.jpg


が・・・。
北京オリンピックに向けて、大規模な改修工事中。
屋台のお土産屋さん以外は、すべて店取り壊されてます。
もちろん北京ダック屋さんも、跡形もなし・・・。


ま、食いしん坊の国だし、なんかあるでしょ!と
適当に道を曲がり、大柵欄西街という大きめの通りへ。
お茶屋さんで茶盆を買い、いろんなお茶を試飲したりしつつ、
目は北京ダック屋さんを必死で探す。


あった!


c0079155_12431616.jpg


狗不理というお店。
入口に北京ダックの写真が出ていたので、即入店。


・・・夜しかダックはないらしい。


c0079155_1244778.jpg


どうやら包子のお店らしいので、肉まんを注文。


c0079155_12445167.jpg


うん、おいしい!


c0079155_1245818.jpg


朝ごはんだし、中華粥が食べたい!とお粥を頼んだのですが、
これ米じゃない・・・。あわとかひえとかそういうの。
鳥のエサの味がします・・・。でも食べてるうちに香りにも慣れ、
カラダがあったまってきます。


食べながらガイドブックを読んでいたら、天津ですっごい
有名なお店らしいですね。狗不理包子を食べなければ、
天津に行ったことにはならない!と言われるほどの名店らしく、
西大后や毛沢東も愛したという肉まんです。


久しぶりに晴れてきて、気持ちがいいのでお散歩続行。
適当にぷらぷらと見ていると、伝統的な靴屋さんを発見。


c0079155_12495541.jpg


中国布鞋第一家というお店。
毛沢東はじめ、文革四人組の方などがここで靴を
注文していたそうで、布製の中国靴がずらりと並んでいました。


c0079155_12524524.jpg


本格的な中国靴はお高かったのですが、ちょっと今風に
アレンジしたものはお手頃価格だったので、サンダルを
買ってもらっちゃいました。ジーンズに合わせたら可愛い!



今まで毎日大雪で出歩く気になれなかったので、
今日は晴れてるだけでうれしい!行けるとこまで歩いちゃお!
と、ガイドブックを見もせず、適当にお散歩は続きます。

by kakaranran | 2007-01-01 12:38 | 中国

北京年越し旅行記2006.12=3日目後半・文房具街=


お腹もふくれたところで、タクシーで移動。
ふだんは旅行中にタクシーを使うことはあまりなく、
どんな国に行っても歩き倒すか、地下鉄やバスなど
庶民的な乗り物での移動を好むのですが、
なんせ雪!しかも中国広すぎ!

c0079155_1123594.jpg


タクシーの窓から撮影した、天安門。
昨日までよりさらに寒く、手袋してても指が痛いくらいの
寒さだというのに、あいかわらず人でいっぱい。


c0079155_11241992.jpg


今日の目的地はこちら、瑠璃廟(ルリチャン)という街。
地下鉄の和平門駅から徒歩数分のところにある、清代の
街並みを再現した通りで、両側に書店・硯や墨などの文房具
全般のお店、筆屋さん、掛け軸屋さん、いろんなものの骨董店
などがひしめく、日本でいえば神保町をもっと小さく古くした感じ。

前からボウズ君は硯をほしがっていたので、丹念に
はじから見て回る。あたしは両親が切り絵好きなので、
切り絵を見たり、水墨画を見たり。

が、この通りは終わるのが早く、夕方にはほとんど店じまい。
けっきょく文房具とはまったく関係のない中古の茶壷
(よくいえばアンティーク?)を半額以下に値切って購入。
今思えば、それでもかなり高く買わされてますが。


帰りは地下鉄に乗るつもりだったのですが、とにかく
寒いし、割れ物を買ってしまったので、タクシーでホテルへ。

ガイドブックを再度読み、今日の晩ご飯のお店決定。
ただし大晦日の夜、しかも日曜日。王府井にはおそろしいほど
人があふれてましたが、入れるのでしょうか・・・。
怖いから早めに行ってみよう!


c0079155_11384450.jpg


お目当てはこちら、東来順飯荘。
羊のしゃぶしゃぶの有名店。1930年創業。
天安門広場のほうにもあるようですが、王府井大街を
北上して、東安門大街を越えて数軒目の左手にあります。

18時前に入店したので入れましたが、10分後くらいには
並んでいました。あたし達のような外国人もたまにいますが、
ほとんどは地元の家族連れでいっぱい。
店内は高級店ぽくはまったくなく、大衆食堂風。


c0079155_11445961.jpg


ココアみたいな色なのが、特製のゴマだれ。
濃くてうまい。ナッツみたいな香りがします。
あとはタレにいれる薬味と、ラッキョウみたいに見えるのは
ニンニクのお漬物。甘酸っぱくて臭みゼロ。


c0079155_1147174.jpg


メニューを見てもさっぱりわからないので、1番安いコースに。
まずは前菜が2種。セロリとエビ風の練り物のマリネと、
ところてんのようなもの。どっちも冷たくてさっぱり。


c0079155_11483761.jpg


こちらのしゃぶしゃぶ鍋でいただきます。
なんと炭火使用。


c0079155_1149468.jpg


羊キター!
どっちも羊。やわらかくてとろける!うまっ!!
北京はとにかく羊をよく食べるらしいのですが、アルカリ性の
土壌で育ってるから、臭みがないそうです。たしかに臭くない。


c0079155_11501214.jpg


なぜかお皿に乗ってこずに、手渡しされる羊の串焼き。
これがいろんなスパイスがもみこんであって、うまい!
そしてデカイ!


これらに白菜やネギなどの野菜の具と豆腐、〆の春雨もついて、
おまけにビールを4本ほど飲んで、ふたりで3000円くらい。
そもそも羊が好きというのもありますが、今まで食べた
しゃぶしゃぶの中で、1番好きかもしれない。
寒くて体が冷えてたのもあるかもしれないけれど。


外はあいかわらず耳が切れそうなほど寒いけれど、
羊のおかげで体の中はポカポカ。

せっかく大晦日の夜だし、と王府井を練り歩いてみるけれど、
とにかく寒いし、もうほとんど見尽くしたので、することがない。


c0079155_1292647.jpg


というわけで、コンビニで大量な飲み物とおやつを買って
お部屋で過ごすことに。手前の紙袋は・・・


c0079155_1210848.jpg


焼き栗。
よくこんな満腹だというのに栗なんて買うよなー、と
あきれて見ていたのですが、一粒食べてみると!うまっ!
小粒なんだけど、栗の味が濃い!


大晦日の夜だし、バー街にでもくりだそうかなどと
話してはいたのですが、旧暦の中国は大晦日だから
イベントがあるわけでもなし、やっぱり寒いのやだし、と
NHKで紅白を見ながら年を越したのでした。

by kakaranran | 2006-12-31 21:15 | 中国

北京年越し旅行記2006.12=2日目後半・西単へ=



北京ダックを食べ終わると12時半。
やはり有名店だけあって、すでに店内は満席。


c0079155_124731.jpg


王府井大街は、雪がやんでいました。
でも寒い!日本では寒いと感じたことのないくらいに
あったかいダウンを着込み、皮の手袋もしていたのですが、
それでも寒い。手袋をなんかのはずみで外したとたん、
手が切れるように痛い。いったい何℃なんでしょうか。


グランドハイアットとつながっている東方新天地という
ショッピングセンターをぶらぶらと見、さらにつながっている
地下鉄の駅へ。目指すは西単。

王府井が銀座だとしたら、西単は渋谷か。
若者たちの一番の繁華街らしい。


c0079155_128566.jpg


西単の駅を出て、デパートとデパートがつながっている
歩道橋の上から撮ったもの。とにかく人が多い!
そしてたしかに王府井を歩いている人たちよりもおしゃれ。

正直いって、中国の人ってまだまだやぼったいイメージが
あったのですが、このあたりの女性は本当におしゃれ!
日本負けてるかもしれない。寒いからジーンズ率が高いの
だけれど、ブーツイン率も高くて、すごく可愛い。

じっさい、いくつかのデパートを見たところ、靴売り場がすごい。
ブーツもふつうのパンプスも、すっごく凝っててかわいい。
日本の靴屋さんなんかより、よっぽど素敵です。



ちょっと疲れたので、お茶することに。
一茶一坐=茶MATE=という、いろんな場所にあったこじゃれたカフェ。
たくさんの種類の中国茶やデザートがあり、地元的には高い値段。


c0079155_12125856.jpg


せっかく中国に来たのだから中国茶にすべき・・・と思いつつ、
どうしてもミルクティが飲みたくて、半分こにする。
が、たかがミルクティと思いきや、紅茶の香りがすごい!うまい!

そしてあたしはタピオカ入りのおしるこ。


c0079155_1214821.jpg


ボウズ君は杏仁豆腐。


芯まで冷えて、疲れた体に甘いものがしみる。
そしてミルクティはお代わりももらう。
しめて58元(約928円)。


こんなカフェ、日本にあったらいいのにねー。
絶対通うよね!などと話していたのですが、今調べたところ、
渋谷に9月にできたらしい(笑) でも渋谷行かないんだよなー。



お茶も飲んだし満足、というわけでさっさと西単を後にし、
王府井へ戻る。実は今回2泊したグランドハイアットですが、
今までにいろんなハイアットに泊まったおかげでポイントが
たまっており、2泊とも無料。少しくらいお金落としていかねば、
ということだったので、夕食はホテルでとることに。

グランドハイアットの1階にあるMADE IN CHINAという
レストラン。夜は予約しないと入れない人気店とガイドブックにも
載っていたのだけれど、22時閉店のお店ですでに20時だし・・・
ということで寄ってみたところ、21時過ぎじゃないと入れないと。

まぁあんまりお腹もすいてなかったし、ドレスアップもしたいし、
とお部屋で1時間ほど待つことに。


・・・1時間を過ぎたころ、ワンコールだけ鳴る電話。
ん?でもその後かかってこない。
しばらく待っても来ないので、直接行ってみることに。

どうやらいまだ満席とのこと。
えー!とか言いながら待っていると、21時に予約を入れてて
遅れていた客を勝手にキャンセルにし、席を作ってくれた。



オープンキッチンのモダンなレストラン。
欧米の家族連れがやはり多いけれど、中国のお金持ちっぽい
家族連れなどでいっぱい。ホテルのレストランらしく
ロマンチックながらも、適度に騒がしく、適度に静か。


c0079155_1228548.jpg


まずはビールを飲んで、お決まりのクラゲ。
ここのはニンニクチップも入っていてちょっと変った味。
そして豚のネックのお肉。


c0079155_12303975.jpg


なぜか珍しく頼んだ麻婆豆腐。辛くてうまっ!
思わずご飯をたのんで、麻婆丼にしてしまいました。
奥に写ってるのは羊と野菜を炒めたもの。
北京は羊をよく食べるらしい。これまたやわらかくって、
全然臭みがなくて、おいしい!


ワインも1本もらって、ゆっくりとくつろぐ。
目の前が北京ダックの焼き場だったのだけれど、
ちゃんと炭で焼いていて、おいしそう。


c0079155_1233614.jpg


最後にあたしだけデザートを。
何を頼んだのか忘れてしまったけれど、上に乗った
カシューナッツ風味のアイスクリームと苺がおいしかった。


これら合計で1200元(約1万9200円)。
ホテルがタダだし、たまにはいいねー。
そして酔っ払ってもコートを着ないで部屋に戻れるのは極楽。

by kakaranran | 2006-12-30 12:02 | 中国

北京年越し旅行記2006.12=2日目前半・北京ダック=


ぐっすり眠って9時ごろにお目覚め。
なんとなくカーテンを開けてみると・・・


c0079155_1142246.jpg


いきなり雪景色ですか!

出発前にヤフーで調べたときは、大晦日にちょっと降るだけ
っぽかったのに!しかも昨晩は降ってなかったのに!


あったかーくして、がんばって天安門まで歩いてみよう。
その周りのお店で朝ごはんを食べよう。と、出発。


c0079155_116460.jpg


ホテルのエントランスを出て振り向いたところ。
グランドハイアットホテル、北京東方君悦大酒店と書くようです。


地図を見るとけっこう近い天安門。
歩いても歩いても、いっこうに近づかない。

そう!中国は何もかもがでかすぎるのです!!
道がそもそもめちゃくちゃ広いし、歩道も車道みたいに広いのは
ありがたいけれど、1軒1軒のホテルや建物がでかすぎて、
となりの建物に行くのにも一苦労。

しかも雪道。すべるわ、べちゃべちゃだわ。
なんとかがんばり、天安門の建物の端っこのほうくらいまでは
来たのですが、ボウズ君から「もう無理!」とのお声があがったので、
故宮の東側沿いの小道へ入る。


c0079155_11103395.jpg


王府井大街方面に向かって適当に歩いていると、
こんな小さな生活感あふれる道に。雑貨屋さん、洗濯屋さん、
ちいさな食堂。首都の繁華街のすぐ裏だというのに。


c0079155_1112294.jpg


焼餅っぽいものやサンドイッチ風のもの、ゴマ団子っぽいものを
売るお店を発見!にら饅頭を買ってもらいました。
選ぶと鉄板でジュウジュウと焼きなおしてくれます。
すべてひとつ1角(約9.6円)ですが、1元だとお釣りはなし。


c0079155_111445.jpg


う、うまっ!!
たっぷりのニラのみ。肉っけナシ。
なのにジューシーで、甘くてしょっぱくて、おいしい。

ちなみに毎回旅行の最終日に、お互いに美味しかったもの
ベスト3を発表しあうのですが、これは二人ともランクイン。


そのままてくてく歩いていくと、TAITOのゲーセンがあり、
その先は王府井大街。ちなみにデパートをはさんですぐ南側に
王府井小吃街という屋台街があります。


c0079155_11181331.jpg


ガイドブックや旅行会社のサイトで、オススメ地元の屋台街として
紹介されてますが、こっちはまったくもって観光客向け。
お店はどれも同じきれいな建物で、似たようなメニューが並び、
中国の人もたくさんいますが、あくまで国内の観光客。
地元の人の食べ物が食べたかったら、ぜひ隣の通りへ!!



とにかく寒いので、デパートの中を歩き回る。
このあたりは洋服類はいまいち。お茶屋さんでお茶を飲んだり
おもちゃ売り場で遊んだり、携帯電話売り場をのぞいたり。

が、どこも店員さんが多すぎる。
社会主義ってこういうことなの?というくらいに人があまってる。
おかげで常に掃除してる人がいるから店内はきれいだけれど、
客よりも店員さんのほうが多い状態で、ウインドウショッピングは
非常にしづらい。

そしてどうも中国人に見えるらしく、中国語ですごい話しかけられる。
通じてなくても、たぶん違う言語の地域の中国人だと思うらしく、
いろんな言葉を話しかけられる。英語はほとんど通じない。
だから、わかんないんだってばよ・・・・。



あたしたちにとってはニラ饅頭ひとつを半分こという
少なすぎる朝ごはんだったので、ちょっと歩いたら早目の昼食へ。

いきなりですが、北京ダック!!

有名店から小さなお店、チェーン店などいっぱいあるようなので、
いろんなお店を比較するために、まずは有名店へ。


c0079155_1127325.jpg


北京で一番有名なお店、全聚徳。
おそらくツアーで北京に行った人も寄るはず。
夜はなかなか予約がとれなかったりするそうですが、
ランチしかも11時半と早めにいったので、余裕でした。


c0079155_1132574.jpg


喫煙席と禁煙席があります。
時間が早くてまだ1/3くらいしか入ってなかったけれど、
日本人客もいたし、地元のおじさん同士や母娘などが
みんな北京ダックを食べています。


c0079155_11351388.jpg


北京ダックは脂が強いから、とボウズ君が頼んでくれた
さっぱり系のおかず。泡菜はキムチ風でした。
右のはクラゲ。日本の小さくて薄いのと違って、ゴツゴツしてて
大きくて、見た目はコンニャクみたい。香酢がかけてあるだけで、
さっぱりしていておいしい!


c0079155_1137137.jpg


来ました!我が家用のダックちゃん!
1羽はいくらなんでも多いので、半羽を注文。


c0079155_11375069.jpg


じゃん!山盛り!!
ここのはお肉もたっぷりついています。

写真はとらなかったのですが、本当に皮だけのパリパリのも
後からでてきました。


いつもなら北京ダックって、ひとり2枚くらいしか食べられないし、
そもそも1枚に2切れくらいしかダックを乗せられない。
が、ここはひとり5枚。そして少なくとも5切れくらいダックを
入れないと、身があまってしまう!!


c0079155_11384540.jpg


ということで、怒涛の7切れ入りを作成。
あー、贅沢ーーー。うまーーーい!!



c0079155_11412057.jpg


ダックちゃんの頭です。

ボウズ君はグロテスク系が苦手なのと、でも食べたことがある
ということだったので、あたしが手づかみでいただきました。
おいしかった。ごめん。


そのあとにダックの骨でダシをとったスープが山盛りでてきました。
韓国料理のコムタンスープのように真っ白で、おいしい。
ちょっと塩を足したい気もするが。


周りを見ていると、1羽を注文して半羽分だけ食べて、残りの
半羽は骨ごとお持ち帰りのおじさま、皮と身だけ食べて骨だけ
お持ち帰りにする母娘などがいました。家でスープにするのかな。



北京ダック、すっごくおいしかったのだけれど、脂がすごい。
いつも日本では「もっと食べたい!」って思うけれど、
それくらいがちょうどいいようで。贅沢に何切れも食べまくった
けれど、めずらしく胃に重く、けっきょく他の店には行かないことに。


ちなみにお値段ですが、合計225元(約3600円)。
途中でプーアール茶を頼んだのですが、それまでの合計は
170.5元(約2728円)だったので、お茶が高いもよう。
何杯でもお湯を足してくれるので、いいのだけれど。

by kakaranran | 2006-12-30 11:02 | 中国

北京年越し旅行記2006.12 =1日目・北京へ=


今回の冬休みはどうしよっか?という話になったとき。
いつもならクリスマス後にすぐ出発して大晦日に帰国か、
元旦に出発して冬休みを延長、という風に年越しを
またがないようにしています。だって高いんだもの。

が、今回は12月の1週目にアメリカに行ったこともあり、
気づいたら12月半ば。年越しをまたがなくても、
すでに高い料金しか残っておらず。
ばかばかしいのでマイルを使っての特典旅行にしよう!
と思いきや、これまたどこも満席。


で、唯一特典旅行で座席がとれたのが、中国は北京。


あまり深く考えずに予約をとり、すぐに図書館でいろいろと
調べたら、この時期の北京はマイナス10℃とからしい・・・。




というわけで、1日目。
NWの北京便は夕方18時なので、ゆっくり準備。
お正月を日本で過ごせないので、先取りして自宅で
お雑煮を食べてから出発。

ニュースでもやっていましたが、今年の成田出国ラッシュは
この日29日ということで、京成電車は大きなスーツケースを
抱えた人で満席。ずらりとスーツケースが並ぶ光景は
なかなかシュールでちょっと気持ち悪くもあり。


出国審査とかが混むのをさけるため、空港到着後は
さっさと手続きをすませ、中へ。


c0079155_1075482.jpg


NWのビジネスラウンジへ。

我が家はふたりともワールドパークスの会員で、長いこと
シルバーエリートだったのですが、前回のアメリカ旅行で
悲願のゴールドエリートになったばかり。なので今回からは
座席がエコノミーであろうとも、ビジネスラウンジを利用できるのです。


c0079155_10104823.jpg


中はこんな感じ。
もう一箇所あるのですが、そちらのほうが広い。

上の写真では、お酒とおつまみを少々、という感じですが、
周りの人が食べているのを見たら我慢できなくなり、
ふたりともカップヌードルを食べました。
だってミニサイズが置いてあって、みんな食べてるんだもの!



3時間半ほどで、北京へ。
空港の中で円を元に換え、外に出ます。

タクシー乗り場には、ディズニーランドのアトラクション待ちか!
というほどの、長蛇の列。北京はタクシー代金が安いので、
かなりタクシー利用者が多いとのこと。

すでに夜の22時前。並んだっていつ乗れるかわからない。


ということで、下調べもちゃんとしてないながらも、
エアポートバス乗り場へ。空港を出て右側のほうに
バスが並んでおり、小さな屋台のようなチケット売り場があります。

今回泊まるグランドハイアット北京は、王府井大街という、
北京の銀座といわれているらしい大きな繁華街のそばなので、
わかりやすいはず。ということで、チケット売り場の人に

 「王府井!」

というと、チケットを売ってくれ、乗るバスの番号を
教えてもらえます。ちなみにチケットはひとり10元(約160円)。

どうやら北京駅行きのバスに乗るらしい。
が、どこで降りたらいいのかはわからない。
バスの係員のみなさんも、このバスでいい!とは言ってる
ようだけれど、どこで降りるのかはわからない。


地球の歩き方を片手に、外の風景を見ながら居場所を
探っていたのですが、けっきょく王府井にバスが寄ることはなく、
終点の北京駅へ。そこからタクシーに乗ってもよかったのだけど、
思いきって地下鉄で向かうことに。北京駅から建国門で乗り換え、
王府井へ。地下鉄はひとり3元(約48円)。

王府井駅からは軽く迷いながらも、なんとかホテルに到着。
迷わなければ、ほんの数分のはず。



c0079155_10231230.jpg


ベッドルーム。
お部屋は広くないけれど、かっちょいい。


c0079155_10234823.jpg


バスルーム。
バスタブとは別にシャワーブースがあるのがうれしい。


c0079155_10242269.jpg


ウェルカムフルーツは、ナシ?りんご?
けっきょく食べなかったのでわからずじまい。
あとはミネラルウォーターが、500mlが2本。



すでに夜23時。
くたびれてはいるけれど、軽くビールとか飲みたい気分。
ちょっとお店探してみよっか?と、お散歩へ。


が。

北京の銀座、王府井大街は、誰もいない・・・。
マクドナルドだけは煌々と電気がついており、客もいっぱい。
最悪他のお店がなかったらマックだね・・・と言いながら、てくてく歩く。


王府井大街と交差している東安門大街にたどりつく。
この道沿いのレストランは数軒あいていたけれど、どこも
海鮮系のちょっとお高そうなレストラン。もう少し軽めの気分
だったので、混沌(ワンタン)候というワンタン屋さんへ。

どうやらこのお店は0時閉店らしく、すでに空席のイスは
テーブルに乗せられている。でもまだ23時半だし・・・
ということで入店してみると、イスをおろしてくれ、一安心。

メニューはぺらぺらの紙に品名が印刷されており、
そこに印をつけて頼む方式。楽でいいけど、読めない。


c0079155_10342958.jpg


小籠包。これは読めるので安心。


c0079155_10352568.jpg


肉と野菜の入ったワンタン。


あとビール2本と、蟹シュウマイで43元(約688円)。
半分以上がビール代なので、食べ物はめちゃくちゃ安い。


しかも、帰る前に気づいたのだけど、あたしたちの時計が
狂っていたらしく、閉店5分前に入ってしまったもよう。
なのに嫌な顔ひとつせず、注文もせかさずに見守ってくれた。
すごく感じのよいお店でした。



お店を出て真向かいにある小さなコンビニでお茶を買い、
ホテルへてくてく歩いて戻る。

出発前に地図で予習していたときは小さな道に見えた
王府井が、実際はめちゃくちゃ広くて長い。
しかもすごく寒い。これからの数日間、どうなることやら。

by kakaranran | 2006-12-29 09:59 | 中国