満腹同棲旅行日記


旅行やお出かけのこと。
by kakaranran
★MEMO★
大好きな旅行やお出かけ。
自分がまた行くときのため、
誰かが行くときに参考にして
もらえるように、の記録です。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報です
from 太陽と海の楽園♪沖縄
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
鍋料理
from あったかお鍋情報
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

北京年越し旅行記2006.12=3日目前半ホテル移動=


c0079155_2010559.jpg


大晦日の朝も、王府井大街は雪でした。


手も耳も切れそうな寒さの中、それでも朝食めあてにお散歩。
向かった先は・・・


c0079155_20124340.jpg


もちろん大通りではなく裏道。
前日の朝ごはんに食べたニラまんじゅうがあまりに
おいしかったため、「やっぱ庶民の味だよね!」と、
裏道の小さな食べ物屋さんを物色。


c0079155_20142793.jpg


せっかくなので、昨日のお店と同じとおりにある
違うお店を選んでみました。

が。いろいろ野菜が入ってるパンのようなものと、
ニラまんを選んだのですが、確実に昨日のお店のほうが
おいしい。くやしい!あの味が食べたい!!


c0079155_20153839.jpg


くやしさのあまり、はしごして昨日のお店のニラまんも
買っちゃいました。くーっ!これですよこれ!!
とはいえ朝からすでに食べすぎ。

寒いわ口の中がニラ臭いわで、ショッピングセンターの
中にあるスタバでコーヒー。ニラまんの20倍以上の値段の
ラテであったまる。20倍以上ってすごいな・・・。


その後はお部屋に戻ってパッキン。
今日はホテルを移動します。


c0079155_20184791.jpg


タクシーで行きましたが、歩いても移動できたこのホテル。


c0079155_20191743.jpg


ボケちゃってますが、憧れのペニンシュラざんす!!


c0079155_20195380.jpg


お部屋はこんな感じ。まぁ普通っちゃぁ普通です。
でもハイアットほどモダンでなく、クラシックな感じのお部屋で
あたしは大好きな雰囲気。ホーチミンのグランドハイアットの
お部屋に雰囲気が似ています。


大晦日と元旦はペニンシュラにしよう!というわけで、
たいして場所も変らないのに移動してみたわけですが。
ロビーや地下のフロアには、シャネルにヴィトン、フェラガモに
グッチ・・・と、ゴージャスなブランドがわんさかあり、豪華な
ホテルなのはよーくわかるのですが、正直サービスという意味では、
グランドハイアットのほうがうんと上だった気がします。
なんかガランとしていたし。



とはいえひとまず荷物をほどき、少しくつろいだらお出かけ。
まずはお昼ご飯を食べなくては!


c0079155_20395047.jpg


ペニンシュラから王府井大街へ向かう左手にあった
この全嘉福というお店。何も考えずにふらりと入りました。


c0079155_20402932.jpg


まずはビールとお通し。枝豆の入ったサラダのような
ものと、奥にあるのは・・・


c0079155_2041142.jpg


鶏脚!!


もともと鶏の皮が苦手かつグロテスクなものが苦手な
ボウズ君を横目に、手づかみでかぶりついてみました。
辛い酢漬け?コラーゲンたっぷりな感じでおいしい!!


c0079155_20423395.jpg


よくわからず注文した、肉系の冷製盛り合わせ。
左側にあるお肉。1番下のを見るとわかるかもしれませんが。
・・・鳥の頭だ!!目があるっ!!
ボウズ君、ノックダウン。

どのお肉もクセのある香り。そもそも何の動物のどこの
部位なのかがわからないものを食べるのって、けっこう恐怖。
お店のお姉さんに聞いてみるも、中国語わからず。
右下のお豆腐ばかりが減ってゆきます。

口直しに頼んだ海鮮炒飯も、カニやエビだけでなく、
よくわからない魚の卵がぎっしりと入っており。
いやはや、日本人には味も香りも未知の世界。


後で調べたところ、桂林料理のお店とのこと。
個室もいっぱいあるらしく、毎晩すごい高級な外車が
表にずらりと並んでいました。観光客ナイズされていない、
ある意味本格的な高級中国料理のお店だったのでしょう。
お互い言葉が通じないながらも、お店の人はみんな
とっても感じがよかったし。

by kakaranran | 2006-12-31 20:09
<< 北京年越し旅行記2006.12... 北京年越し旅行記2006.12... >>